• ホーム
  • 芸能
  • BugLugボーカル一聖、頭部強打で緊急手術 全国ツアー無期延期

BugLugボーカル一聖、頭部強打で緊急手術 全国ツアー無期延期

 5人組ビジュアル系ロックバンド・BugLugのボーカル一聖(いっせい)が7日、東京・渋谷の飲食店の階段から転落し、頭部を強打。都内の病院に救急搬送され、緊急手術していたことが10日、わかった。バンドの公式サイトで発表された。

 事務所関係者によると、事故が起こったのは7日夜。渋谷区内の飲食店の階段でつまづいて転落し、頭部を強打。店員が救急車を呼び、都内の病院に救急搬送され、緊急手術を受けた。「重症頭部外傷」と診断され、現在も集中治療室で治療中。本人及び医師には親族のみしか面会できない状態という。

 事故を受け、バンドは5月14日の愛知・名古屋fiveStars公演、15日の東京・池袋のブランドエックスでのインストアイベントを中止。さらに、5月20日の北海道・函館から7月9日の沖縄まで全国12都市で予定していた全国ツアー『Re:GAMBLING JAPAN TOUR-Encore-』も全公演を無期延期にすることを決定した。

 メンバーの一樹(G)は「突然の出来事で俺自身もいまだに何が起こったか理解できていません。知らせを受け、そのまま家を飛び出し、何もわからないまま病院に向かいました。一聖の家族に会って初めて緊迫した状況であることを理解しました」と深刻さをうかがわせ、優(G)、燕(B)、将海(Dr)の3人もそれぞれ一聖の回復を祈り、信じるコメントを発表している。

 BugLugは、メンバーの顔をシルエットで隠すV系では異例の手法で2009年にデビューし話題に。これまでに16枚のシングルを発表し、オリコン最高位は「骨」(14年3月発売)、「JUGEMU」(同年9月発売)で記録した週間4位。今回の全国ツアーも全会場のチケットが完売していた。



関連写真

  • BugLugのボーカル一聖
  • BugLug

オリコントピックス