• ホーム
  • 芸能
  • “グラドル1年生”塩地美澄アナ、初体験に緊張「会議室で水着に」

“グラドル1年生”塩地美澄アナ、初体験に緊張「会議室で水着に」

 スリーサイズB89-W64-H88の抜群のスタイルを持ち合わせ、『東北No.1人気アナ』と称された、元秋田朝日放送アナウンサーの塩地美澄(33)が、インタビュー番組『水曜のニョッキ』に登場。初写真集『みすみ』に続くファーストDVD『はいっ、塩地です!』を発売したばかりの塩地に「(グラビアは)ほぼ初心者」という初々しい撮影の裏側を聞いた。

 アナウンサーとしてのキャリアとは違い、グラビアアイドル“1年生”の塩地は「(撮影の)衣装合わせで、オフィスの会議室で10人ぐらいの大人に囲まれて水着になったのが一番緊張しました」と慣れない環境に悪戦苦闘。

 撮影当日は、カメラマンから「『自然に動いているところを切り取る』とポーズの指示がなかった」と驚いたが、アナウンサー時代から培った勤勉ぶりで、ポージングを週刊誌を見て事前に勉強していたことが功を奏した。

 初尽くしの連続だった塩地だが「なかなかこういう状態を収めることはない」と写真集でも話題となった下着姿での“酔っぱらいシーン”に自信を見せ、「お仕事に幅ができて、グラビアをやって良かった」と胸を張った。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 塩地美澄 (C)ORICON NewS inc.
  • 番組MC・梅澤亜季(左)と塩地美澄 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス