• ホーム
  • 芸能
  • 萩尾望都氏『ポーの一族』40年ぶり復活 『月刊フラワーズ』に続編掲載

萩尾望都氏『ポーの一族』40年ぶり復活 『月刊フラワーズ』に続編掲載

 1972〜76年に『別冊少女コミック』(小学館)にて連載された萩尾望都氏による漫画『ポーの一族』が40年ぶりに復活すること28日、わかった。5月28日発売予定の『月刊フラワーズ』(同)7月号に続編となる『ポーの一族 春の夢』が読み切り作品として掲載される。

 『ポーの一族』は西洋に伝わる吸血鬼(バンパネラ)伝説が題材で、少年の姿のまま永遠の時を生きる運命を背負わされた吸血鬼・エドガーの物語が描かれている。76年に『第21回小学館漫画賞』の少年少女部門を受賞し、関連書籍の売上は約350万部を記録した知る人ぞ知る少女漫画の歴史的な名作。

 続編『ポーの一族 春の夢』は、第二次世界大戦まっただ中の1944年が舞台。戦火を逃れてウェールズにたどり着いたエドガーとアランが、そこでドイツ人の少女と出会う…というストーリー。

 また、『月刊フラワーズ』創刊15年を記念し、7月16日、17日に東京・アーツ千代田3331にて『flowers フェスティバル』が開催される。同誌作品の原画が展示されほか、複製原画の販売も実施。作家陣によるトークショーも予定されている。



関連写真

  • 40年ぶり続編『ポーの一族 春の夢』予告カット(C)萩尾望都/小学館
  • 『ポーの一族』1巻(C)萩尾望都/小学館
  • 『ポーの一族』より(C)萩尾望都/小学館

オリコントピックス