• ホーム
  • 芸能
  • みのもんた、ツイッターでの炎上発言を陳謝「言葉足らずだった」

みのもんた、ツイッターでの炎上発言を陳謝「言葉足らずだった」

 20日に開設したツイッターで「自衛隊きちんとして欲しいね」と発言した、タレントのみのもんた(71)が22日、再びツイッターを更新し「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 事の発端は、2年半ぶりのキャスターに復帰する番組開始に際し開設したツイッターで「自衛隊きちんとして欲しいね。あと、過去の震災、阪神淡路、もっと遡れば関東大震災の教訓活かせてないでしょ?…みたいにTVではちょっと言いづらいことも、ここでは言いたいね」と発言。このツイートに対し「自衛隊は必死にやってる!」「こういう発言は良くない」など反論が殺到した。

 この日、みのは「『自衛隊きちんとしてほしいね』という僕の言葉で現場で活動されている方々や、その御家族に不快な思いをさせてしまったことに対しては本当に陳謝したい。本当に申し訳ありませんでした」と伝え「僕としては世界中で唯一、今まで一度も戦死者を出さず人を救い続けてきた自衛隊だからこそ、その力を活かし、きちんとしてほしいね、という激励のつもりだったんだけど明らかに言葉足らずだったね」とお詫びの言葉をつづっている。



オリコントピックス