• ホーム
  • 芸能
  • ノンスタ石田、腕の手術成功 笑い交え妻が報告「本人はとても元気」

ノンスタ石田、腕の手術成功 笑い交え妻が報告「本人はとても元気」

 今月13日に大阪の路上で転倒し右上腕骨折したお笑いコンビ・NON STYLE石田明(36)が20日、無事手術を終えた。同日、石田の妻が代筆でブログで伝えた。

 「嫁です」のエントリーで石田の妻は「旦那さんに状況報告をしてほしいと言われたのでココに書かせて頂きます」と説明。「いつも応援して頂きありがとうございます。とか偉そうにすいません言ってみたかったやつです」と笑いを交えつつ「旦那さんの手術が無事に終わりました!!」と報告した。

 「ご迷惑ご心配おかけしました。まだ麻酔が切れたばかりで傷口もかなり痛むそうですが本人はとても元気です。むしろ手術から帰ってきてやたらなんかお喋りさんになってます」と、石田の現状を明かし「ここからが色々と戦いになると思いますが本人も前向きに頑張っていますので応援をよろしくお願い致します」と伝えた。

 さらに、ブログの最後には「手術前。経験者感だしまくってきてとっってもどや顔でした」。術後「空元気むきだしです」と酸素マスクをした石田の写真を添え「そんなこんなで早く皆さんに会えるようにと頑張っています!!!! ほいでは。(嫁!)」と結んでいる。

 石田は、12日に大阪の番組の収録後、打ち上げに参加。13日未明、打上げが終わり、番組スタッフと一緒に歩いていたところ、路上で転倒し、右腕上腕をアスファルトに強打。その後、痛みが引かないため、救急車で大阪市内の病院に搬送され、右上腕骨折で全治3ヶ月と診断されていた。



関連写真

  • 手術後のNON STYLE・石田明(写真は本人ブログより)
  • NON STYLE・石田明(写真は本人ブログより)

オリコントピックス