• ホーム
  • 芸能
  • 熊本地震 スザンヌの自宅も被害に 「情報交換につかって」と呼びかけ

熊本地震 スザンヌの自宅も被害に 「情報交換につかって」と呼びかけ

 16日未明に熊本県で発生したマグニチュード7.3の大地震で、熊本在住のタレント・スザンヌ(29)の自宅も大きな被害を受けていたことがわかった。17日未明に自らの被災状況をブログで報告した。「家族もわたしも無事で元気」だが、「昨夜の大きな地震で、わたしの家も実家も中に入れないくらいになって」しまったという。

 ブログには「給油できるガソリンスタンド」や「給水ポイント」、「営業している入浴施設」などの情報を、くまモンのイラストとともに掲載。また、「熊本市内のコンビニや、スーパーにはほとんど水やカップラーメンなど売っていない状況です」と、各地の避難所で不足しているものなど、被災地の物資不足の実態を訴えた。

 最大震度7を記録した14日夜には、仕事で福岡に滞在していたスザンヌ。この時は、熊本の自宅や実家に被害はなかったという。16日未明の大地震以降、熊本や大分では激しい揺れを伴う地震が相次いでおり、「どうかどうか、これ以上地震が続きませんように。。」とつづり、「Instagramではリアルタイムでみんなのメッセージが見れますので、わたしのでよろしければ、被災地、避難所の情報交換につかってください。」と呼びかけている。



オリコントピックス