• ホーム
  • 芸能
  • 熊本地震、心配&気遣いの声続々 伊達みきお「安全を祈っております」

熊本地震、心配&気遣いの声続々 伊達みきお「安全を祈っております」

 14日夜、熊本県益城町で震度7を観測した地震が発生したことを受け、一夜明け同県出身のタレント・スザンヌ、お笑い芸人・レイザーラモンRG、女優・福田沙紀、宮城県出身で東日本大震災の支援活動を積極的に行っているお笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおらがツイッターやブログを通じて、気遣いやエールをおくっている。

 熊本出身のスザンヌはブログで「熊本のみなさん大丈夫ですか? 心配です」と気遣い、自身の家族のことを心配してくれたファンに向け「ありがとうございます」と感謝。熊本の甲佐町出身という、レイザーラモンRGは、ツイッターで「熊本の皆さんが心配でなりません...小さい頃よく行ってた熊本城があんなことに...。でも調べたら加藤清正公が建てた部分はビクともしなかったと。西郷隆盛も西南戦争で『政府に負けたのではない、清正公に負けた』と言ったそうです。今も清正公が守る熊本は負けない!」と力強くつづった。

 同じく熊本出身の福田はブログで「九州のみなさん大丈夫でしょうか? 安全な場所にいらっしゃいますか?」と故郷の人たちに呼びかけ、「私は地元の家族親戚、無事連絡が取れました」と、その安全確認ができたことを報告。家族とともに熊本で生活をしているタレントの井上晴美はTBS系『白熱ライブ ビビット』に電話出演し、無事を報告するとともに「子供はテントで寝て、大人はたき火で何が起きても動けるようにしていた」と現地の様子を伝えた。

 また、2011年3月11日に発生した東日本大震災で、支援活動を続けている伊達はブログで「最大震度7…とてつもなくスゴい揺れだったと思います。僕らが東日本大震災の時に気仙沼でうけた地震は震度6強か6弱ですから、その時よりも大きな揺れ。現地の方々は相当怖かったと思います」と心配し「『津波の心配なし』というテロップが何よりです。大きな揺れで、建物が弱くなっている場合もあるので余震は要注意です。停電が復旧した時の火災にも要注意です。震災地域に住む方々の安全を祈っております」と伝えた。



オリコントピックス