• ホーム
  • 映画
  • 新作劇場版アニメ『牙狼<GARO>』新キャラがキーパーソン

新作劇場版アニメ『牙狼<GARO>』新キャラがキーパーソン

 2005年の誕生から10年を迎えた雨宮慶太氏原作のヒーロー・牙狼<GARO>。この春からテレビ東京ほかで10周年記念オールスター作品『牙狼<GARO>-魔戒烈伝-』が放送中だが、同じく10周年記念作品として製作された完全新作劇場版アニメーション『牙狼<GARO>-DIVINE FLAME-』が5月21日より公開される。新たなメインビジュアルや場面カット、新キャラクター・ロベルト(CV:富田美憂)の情報が公開された。

【写真】その他の写真を見る


 シリーズ初のアニメ作品として14年秋から放送された『牙狼<GARO>-炎の刻印-』から4年後を描く本作。平和になったヴァリアンテ王国で、黄金騎士“ガロ”のレオン(CV:浪川大輔)とアルフォンソ王子(CV:野村勝人)が直面する新たな危機。そして、世界でもっとも美しいホラー(人に憑依する魔物)の誕生にまつわる悲劇がドラマチックに展開する。

 新ビジュアルでは、手前に、剣を構える主人公レオンとその仲間たち、そして背後には、劇場版で登場する新キャラ・魔戒騎士のダリオ(CV:萩原聖人)や、彼が身に纏う黒曜騎士“ゼム”、ホラーと化したサラ(CV:小宮有紗)の姿が。そして、中央で宙に浮かぶ少年・が新キャラクターのロベルトだ。

 実は、レオンの弟であり、彼こそが本作のキーパーソンとなる人物。登場するキャラクターが「愛する者を守りたい、守りたい人がいる」という思いから、この一人の少年ロベルトを巡って、悲しくも切ない闘いを繰り広げる。

 ロベルト役の富田は「映画のアフレコは初めてで緊張したのですが、現場の皆さんがとても優しくて、楽しくロベルトを演じさせていただきました。そして今回は完全新作ということで、今までGAROをご存知でなかった方も楽しめる作品になっていると思います」とコメントしている。

 本作の監督は『-炎の刻印-』に引き続き林祐一郎氏。脚本は『進撃の巨人』や『ジョジョの奇妙な冒険』などを手がける小林靖子氏、アニメーション制作は『うしおととら』『残響のテロル』『坂道のアポロン』などの実績を持つMAPPAが担当している。



関連写真

  • 劇場版『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』5月21日公開(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • 新キャラクターにして物語のキーパーソン、ロベルト(CV:富田美憂)
  • 新たに公開された場面カット(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • 劇場版『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』5月21日公開(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • 劇場版『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』5月21日公開(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • 劇場版『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』5月21日公開(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • 劇場版『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』5月21日公開(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • 劇場版『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』5月21日公開(C)2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
  • 劇場版『牙狼〈GARO〉 -DIVINE FLAME-』(5月21日公開)声の出演者・富田美憂

オリコントピックス