• ホーム
  • 芸能
  • ノンスタ石田、右上腕骨折で全治3ヶ月 相方・井上「とりあえず1人で頑張る」

ノンスタ石田、右上腕骨折で全治3ヶ月 相方・井上「とりあえず1人で頑張る」

 お笑いコンビ・NON STYLE石田明(36)が13日、自身のブログを更新。右上腕骨折し、全治3ヶ月の診断を受けたことを報告した。

【写真】その他の写真を見る


 所属事務所によると石田は、昨夜大阪の番組の収録後、打ち上げに参加。13日未明、打上げが終わり、番組スタッフと一緒に歩いていたところ、路上で転倒し、右腕上腕をアスファルトに強く打ちつけたという。

 その後、痛みが引かないため、救急車で大阪市内の病院に搬送され、右上腕骨折で全治3ヶ月と診断。また、今後は手術が必要になる可能性もあるため、あす14日以降、東京の病院で再度検査を受ける予定としている。

 ブログで石田は「昔、ピッチャーしてて投げただけで右腕が螺旋骨折をした僕なんですが、その時手術をしてプレートが入ったままだったんですね。ほんでそこの骨が弱ってたらしく、すべって転んだらプレートの付け根辺りをパキンといってしまいました。『あ、これ折れたな』って感じで」と骨折当時の状況を説明。

 続けて、右腕を包帯でくるみ、残念そうな表情の写真を添え「手術して酸素カプセル行きまくって(閉所恐怖症やけどがんばる)早く治します」と伝えると「今日ルミネにお越しくださった方すみません。そして劇場や番組の関係者の方々、本当にすみませんでした」と謝罪した。

 また、相方の井上裕介(36)も同日ツイッターに「みなさんに、ご報告!! 相方の石田君が、転んで腕を骨折してしまいました昔、折ったところと同じところが折れたそうです。とりあえず石田君の腕が治るまでは1人で色々頑張ります」とつづっている。



関連写真

  • 骨折を報告したNON STYLE石田明(写真は本人ブログより)
  • NON STYLEの石田明(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス