• ホーム
  • 芸能
  • A.B.C-Z河合&橋本、5秒間の“公開キス”「柔らかくてナマコみたい」

A.B.C-Z河合&橋本、5秒間の“公開キス”「柔らかくてナマコみたい」

 5人組グループ・A.B.C-Z河合郁人橋本良亮が12日、都内で行われた舞台『コインロッカー・ベイビーズ』製作発表会見に出席した。劇中で、昆夏美との“キスシーン”に初挑戦する河合のために、その場で橋本を相手役として予行練習を行うことが決定。橋本と5秒間にもおよぶ “激しいキス”を交わした河合は「今まで緊張していたんですけど、吹っ切れました!橋本の唇は、プルンとして柔らかくて“ナマコ”みたいでしたね」と充実した表情を浮かべた。

【写真】その他の写真を見る


 一方、昆の役どころになりきって「キスして、ねぇキスしてよ…」とのせりふまで披露した橋本は「(河合は)大人の唇でしたね。でも、相手がメンバーなんで、すごく恥ずかしいです。こんなのダメでしょ!」と赤面。2人のキスを間近で見つめていた昆も「(橋本とのキスが)そんなに良かったんだと思って、プレッシャーになりました。私も頑張ります!」と気持ちを引き締めていた。

 同作は、芥川賞作家・村上龍氏による同名タイトルの小説が原作。コインロッカーに捨てられた2人の少年、ハシ(橋本)とキク(河合)が抱える無力感や葛藤を痛切に描く、激しくもせつない物語となっている。

 会見にはそのほか、シルビア・グラブ、脚本・演出を手がける木村信司氏も出席。6月4日から19日までの東京・赤坂ACTシアター公演を皮切りに、福岡・広島・大阪にて上演される。



関連写真

  • A.B.C-Zの河合郁人と劇中でキスシーンを演じる昆夏美 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)昆夏美、シルビア・グラブ=舞台『コインロッカー・ベイビーズ』製作発表会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『コインロッカー・ベイビーズ』製作発表会見に出席したシルビア・グラブ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)昆夏美、シルビア=舞台『コインロッカー・ベイビーズ』製作発表会見 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス