• ホーム
  • 芸能
  • 徳光和夫、混浴かなわずぼやく 「路線バスの旅」初の単独ゴールデン

徳光和夫、混浴かなわずぼやく 「路線バスの旅」初の単独ゴールデン

 テレビ朝日系日曜午後の人気番組、徳光和夫の「路線バスの旅」が、番組史上初となる日曜夜のゴールデン帯に進出。『路線バスで寄り道の旅〜徳さん&マル秘美女 春の箱根・熱海・南伊豆を制覇SP〜』が10日(後8:58〜11:10)に放送される。単独では初のゴールデン特番として、いつものパートナー・田中律子のほかに、もう一人の女性ゲスト枠に、元グラビアクイーンや女優が計5人、入れ替わり立ち代わりで登場。徳さんもデレデレになりながら、箱根・熱海・南伊豆を路線バスを使ってあちこちめぐり、春の伊豆半島を満喫する。

 70歳を過ぎてますます元気な“徳さん”が、路線バスを使って気の向くままのんびりと、さまざまな町にぶらりと立ち寄り、地元の人とふれあい、B級グルメや、知られざる絶景、温泉などを巡る番組。スタートして丸3年、バスに揺られながらいつの間にか“居眠り”してしまう徳光の天然ぶりもおなじみとなった。

 今回のゲストは、羽田美智子かとうれいこ武田久美子高島礼子高岡早紀。道中、一人ずつバスに乗り込み、旅の仲間を増やしていく。ちょっぴりワガママな女優たちに翻弄され、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。しかし、デレデレな徳さんは、文句も言わず彼女たちの言われるがまま。

 旅の1日目、徳さん、田中に、途中から加わった武田とかとうの4人は、伊豆長岡温泉で人気のホテル天坊に宿泊することに。奮発して混浴も可能な貸切露天風呂を予約した徳さんだが、いざ入浴してみると一人きり。「3人とも40(歳)越えて後半なんだしさ、一緒に入ったってなんてことないんだから。一緒にはいってくれりゃいいんだよね」とボヤくことボヤくこと。

 一方、田中、武田、かとうの3人は、大人のお色気たっぷりの入浴シーンを披露。ともに子育てに奮闘している今でも、しっかりプロポーションを維持している1980年代グラビアクイーン2人が、肩を並べて温泉につかる豪華共演が実現。かとうが「徳さんも入っているのかな?」というと、田中は「寂しく一人で入っているはず(笑)」とニコニコ。武田は「ここに徳さんがいらしても、お湯があふれちゃう(笑)」とやんわりダメ出し。徳さんのパートナーでもある田中は「(もしも徳さんが)ここにいたら、うれしくて細い目がなくなっちゃう(笑)」と3人で笑い合っていた。

 箱根、三島、修善寺、土肥、下田…などなど、伊豆の人気スポットを巡りながら、触れ合いあり、グルメあり、絶景あり、そしてハプニングありのウキウキワクワク珍道中。笑いや感動に驚き、そしてお色気ありの旅の結末は?

 徳光は「今回の5人は、みなさん非常に感じ良かったですね。下世話になりますけど、ロケが終わった後にハグしてくれたのが、またうれしかった(笑)。女優とハグというのは、たまらないものがありますね。羽田さんとか高島さんとか…あ、高岡さんはハグしなかった(笑)。武田さんやかとうさんには、浴衣姿でハグしてもらいました、色っぽかったです」と、十分、楽しめたようだ。



関連写真

  • 4月10日、テレビ朝日系で放送『路線バスで寄り道の旅』温泉で艶っぽい入浴シーンを披露(左から)武田久美子、田中律子、かとうれいこ(C)テレビ朝日
  • 温泉で艶っぽい入浴シーンを披露(左から)武田久美子、かとうれいこ、徳光和夫、羽田美智子、田中律子(C)テレビ朝日
  • 番組は3周年

オリコントピックス