• ホーム
  • 芸能
  • ナイトメア、年内で一時活動休止 ボーカルYOMI発声障害治療などで

ナイトメア、年内で一時活動休止 ボーカルYOMI発声障害治療などで

 ビジュアル系ロックバンド・NIGHTMAREが、年内をもってバンド活動を一時休止することが2日、わかった。宮城・仙台PITで行われた全国ツアー『NIGHTMARE TOUR 2016 Awakening of Clowns』初日公演で、ボーカルYOMIが発表した。公式サイトでは、YOMIが2月に機能性発声障害を患ったことを明らかにし「20周年という目標に向かうため、またナイトメアとしてのクオリティを維持していくためにもこの結論に至った」と説明している。

 YOMIは全国ツアー初日のステージで「ナイトメアは昨年、無事に15周年という節目を迎えることができました。ファンのみんなにはすごく感謝しています」とあいさつ。続けて「ここでみんなに大事な報告があります。ナイトメアは2016年、年内をもちまして活動を休止します」と発表した。

 公式サイトではメンバー5人全員のコメントを掲載。YOMIは「突然の発表で皆を悲しませてしまい本当に申し訳ありません」とお詫びしたうえで、「2月に『機能性発声障害』になりリハビリを続けている状態です。現在なんとか歌える状況にまで回復していますが完治にはもう少し時間がかかりそうです」と症状を告白した。

 ギターの柩は「今回、少しの間NIGHTMAREを休憩させることになりました。初めは怖かったけど今は力を付ける為の時間だと思えていて、不安は無いです。なので、休憩時間が終わってNIGHTMAREが更に強くなって戻って来るのを楽しみに待っていて欲しいです」とファンに呼びかけている。

 バンド活動は休止するものの、メンバーはそれぞれ、ソロ活動やサポート活動をしていく予定。活動停止時期および再開時期は決まりしだい報告するとしている。



オリコントピックス