• ホーム
  • 芸能
  • 小堺一機、31年半の番組は「財産」 感謝の言葉で『ごきげんよう』終了

小堺一機、31年半の番組は「財産」 感謝の言葉で『ごきげんよう』終了

 タレント・小堺一機(60)が司会を務めるフジテレビ系長寿番組『ごきげんよう』(月〜金 後0:55)が3月31日の放送をもって終了した。1984年10月にスタートした前身の『ライオンのいただきます』を含め、31年半にわたり司会を務めた小堺は「この番組でいただいたことは財産です」といい、スタッフ、視聴者に感謝の言葉を伝えた。

 最終日となったこの日は、生放送で『31年半の大感謝!小堺一機独り舞台!』と題して小堺が一人で締めることに。番組冒頭では31年半で放送回数は7847回、サイコロ投数は19459回、延べ出演者数は1万9千人以上“大勢”と紹介。その後、自身でサイコロを回し「忘れられない話」、「初めて○○した話」、「恋の話」を語りスタジオを盛り上げた。

 番組エンディングでは「会場に来てくれている皆さん、スタッフの皆さんに支えられてやってきました。2万人近くの人にお会いして、毎回毎回、楽しい思いをさせていただきました」と感謝。「最初はドッキリと思って始まったこの番組が31年も続きました。きょうでその長いドッキリが終わります」としみじみ。

 最後は「この番組でいただいたこは本当に財産です」と笑顔で語り「充実した31年と半年でした。ありがとうございました。これからも頑張ります」と番組を締めた。

 『ごきげんよう』は、『いただきます』からリニューアルして91年1月にスタート。サイコロを転がして、出た目のテーマにそってトークを楽しむ「サイコロトーク」など、数々の人気企画を生み出してきた。

 放送中にはネット上でも「小堺一機のトーク好きだったのになー」「終わっちゃうのは悲しい」「小堺一機の勇姿を見る」「小堺一機の一人舞台な最終回、最高やな」「小堺さん、お疲れ様でした」「ごきげんよう最終回。小堺一機さん、31年間お疲れ様でした」と番組終了を惜しむ声、小堺をねぎらう声で盛り上がった。



オリコントピックス