• ホーム
  • 芸能
  • 元アイドリング!!!三宅ひとみ、芸能界引退を発表「沢山考えてこのような決断」

元アイドリング!!!三宅ひとみ、芸能界引退を発表「沢山考えてこのような決断」

 元アイドリング!!!のメンバーでタレントの三宅ひとみ(23)が3月31日、自身のブログを更新し、この日を持って芸能界から引退することを発表した。

 「ご報告」と題したエントリーで「この度、2016年3月31日で8年間お世話になったビスケット・エンターテイメントを離れ、芸能活動にピリオドを打つ決断を致しました」と報告。突然の発表となり「応援して下さっているファンの皆様を驚かせてしまい大変申し訳ありません」と謝罪した。

 引退理由について「15歳からこの世界に飛び込み、8年間何よりも優先してきましたが、これからはひとりの女性としての人生を歩みたいと思い、自分勝手で申し訳ないのですが、沢山考えてこのような決断を致しました」と説明した。

 続けて「どこにでもいる普通の中学生だった私に突然訪れたチャンスから8年間、ただただ前を向いて突っ走って参りました」とこれまでを振り返り、「時間はかかったけど、沢山の素敵なご縁から色々な方に支えて頂き、8年前の夢は全て叶えることができ、長かったような…短かったような…この8年間は私の人生の中でとっても大切な財産です」と充実感をにじませる。

 最後は「これまで三宅ひとみを支えて頂き、温かく見守ってくださった皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に本当にありがとうございました」と締めくくった。

 三宅は2008年4月に2期生としてアイドリング!!!に加入し、15年10月の“全員卒業”時まで所属。ソロ活動では、女優としてドラマ『GTO』(11年)や『明日、ママがいない』(14年)などに出演、女性ファッション誌『MORE』の美容モデルとしても活動していた。

 なお、三宅が所属していたアイドリング!!!の公式ホームページ、公式YouTubeチャンネル、Facebookページも、3月31日をもって閉鎖される。



オリコントピックス