• ホーム
  • 芸能
  • 石坂浩二『鑑定団』笑顔でお別れ 「長い間ありがとうございました」と感謝

石坂浩二『鑑定団』笑顔でお別れ 「長い間ありがとうございました」と感謝

 俳優の石坂浩二(74)が29日の放送をもって22年間司会を務めたテレビ東京の人気番組『開運!なんでも鑑定団』(後8:54)を卒業した。番組エンディングでは1994年4月19日に初登場した映像などが流れ「長い間ありがとうございました」と感謝の言葉を伝えた。

 番組終わりに同じく司会を務める今田耕司(50)が石坂とアシスタントの吉田真由子(42)の卒業を報告すると石坂は「長い間ありがとうございました。いろんなモノを見せてもらって大変うれしかったです」と感謝。続けて「(鑑定で)ヒドいものを見たときにはその陰に面白い話があって、モノを集める方の力を感じましたね」とコメントした。

 19歳の時から出演した吉田も涙ながらに「ありがとうございました」と伝え
“日本一やる気のないアシスタント”と名付けられたことには「初めは緊張して何もしゃべれなかったんです」と釈明。今後も「マイペースで頑張ってきます」と話し、今田から花束をもらうと石坂とともに笑顔で番組出演を終えた。

 4月から石坂はBSジャパンの新番組『開運!なんでも鑑定団 極上!お宝サロン』(毎週木曜 後9:00)の司会を担当する。先日行われた会見では「鑑定団の兄貴分的なものになりたい。こんなふうにお宝を掘り下げられるんだと」と意気込みを語っていた。



オリコントピックス