• ホーム
  • 芸能
  • ビートたけし、『TVタックル』日曜昼にお引越し「なくなるよりいいや」

ビートたけし、『TVタックル』日曜昼にお引越し「なくなるよりいいや」

 平成元(1989)年7月3日にスタート、今年27年目に突入するテレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』。新年度の4月3日から放送日時が日曜日の昼(前11:55〜後0:55※一部地域をのぞく)に移設される。このほど、新しいセットで新年度初回の収録が行われ、司会のビートたけしは「この番組を見ないと晴れ晴れとした一日が送れない、というような番組にしたい」と抱負を語った。

 放送日時が変わることについて、たけしは「あ、そうなんだっていう感じ(笑)。番組がなくなるよりいいやっていうぐらい」と冷静。「日曜日のお昼で(視聴者から)批判されることも多くなるかもしれないけど、起きている人も多いので深夜よりいいかな」と前向きに語った。

 裏番組は、NHKの『のど自慢』、内村光良が司会を務める日本テレビの『スクール革命!』、和田アキ子が司会を務めるTBSの『アッコにおまかせ!』など、強敵ぞろいだが、「日曜日のお昼の番組を見ていると、芸能の話題とかを扱う番組が多いので、『タックル』では老人介護の問題とか、真面目なテーマでやりたい。ちょっとつらい話になるかもしれないけど」と、差別化の必要性にも言及していた。

 「ただ、放送時間はまた変わるかも(笑)」と牽制し、「どこの時間へ行っても同じことをやってやろうと。我々はテレビ界の遊牧民みたいなもの。いずれ落ち着いた時間帯でいい番組になると思います(笑)」と毒づいていた。

 3日の放送では、「2016年“春”世間をザワつかせたスポーツニュース総ざらいSP」をテーマにトークバトルを展開。猪瀬直樹前東京都知事、経済評論家の佐藤治彦氏らを招き、2020年東京オリンピックの膨大に膨れ上がった予算や新国立競技場&エンブレム問題などと合わせて、スポーツのさまざまな問題について激論を交わす。

 収録後、記者に囲まれると言いたい放題の“延長戦”に突入。「待機児童問題」について、たけしは「ここが安倍政権の大見得を切る檜舞台だと思う。参議院と衆議院の議員数を減らして、余ったお金を保育園に充てるということをやればいいのに。なぜそれができないのかって思います。俺が総理大臣ならやっているね」とバッサリ。「アメリカ大統領選挙」は「トランプ氏が大統領になったら、日本がアメリカの一つの州になっちゃうんじゃないか、という怖さもある。でも、最後はヒラリー・クリントンで落ち着くんじゃないの?」と予想していた。



関連写真

  • 月曜深夜から日曜日の昼の放送へ。テレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』4月3日からリスタート(左から)阿川佐和子、ビートたけし、大竹まこと(C)テレビ朝日
  • 番組セットもさわやかに(C)テレビ朝日

オリコントピックス