• ホーム
  • 芸能
  • 全日本芸人ネタ選手権『ドッカン!ドッカン!』 初代王者はラバーガール

全日本芸人ネタ選手権『ドッカン!ドッカン!』 初代王者はラバーガール

 全日本芸人ネタ選手権『ドッカン!ドッカン!』決勝大会が26日、東京・ルミネtheよしもとにて行われ、お笑いコンビ・ラバーガールが優勝し、初代王者に輝いた。「一番客席をドッカンさせた」称号と賞金40万円を手にすると、2人そろって飛び跳ねて喜びを表現した。

【写真】その他の写真を見る


 同選手権は、実行委員会により厳選された40組が、10リーグに分かれ1対1の総当たり戦を昨年12月より開催。審査は観客投票のみで行われ、各リーグ1位通過者を選出した。

 決勝では【Aブロック】ドドん、オジンオズボーンマシンガンズ和牛、ラバーガール、【Bブロック】うしろシティプラスマイナストレンディエンジェルマツモトクラブザ・ギースが白熱したバトルを繰り広げ、マッサージ屋のコントで笑いを連発したラバーガールと、ネタにマネージャーを登場させて沸かせたザ・ギースが最終決戦に進出。

 “コント師対決”となった最終決戦でも両コンビ笑いを連発させたが、オネェの寿司職人を演じた大水洋介が、司会を務めた次長課長の河本準一から「めちゃめちゃかわいかった」と絶賛されるほどインパクトを残し、王者に輝いた。

 なお、同選手権のセカンドシーズンが5月より開始される。



関連写真

  • 全日本芸人ネタ選手権『ドッカン!ドッカン!』決勝大会で優勝したラバーガール (C)ORICON NewS inc.
  • トレンディエンジェルらもラバーガールを祝福 (C)ORICON NewS inc.
  • 全日本芸人ネタ選手権『ドッカン!ドッカン!』決勝大会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 全日本芸人ネタ選手権『ドッカン!ドッカン!』決勝大会でネタをするラバーガール (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス