• ホーム
  • 芸能
  • 東野幸治、『マルコポロリ!』10周年に感慨「こんなに続くとは」

東野幸治、『マルコポロリ!』10周年に感慨「こんなに続くとは」

タレントの東野幸治がこのほど、大阪・関西テレビ本社で自身が司会を務めるバラエティー番組『マルコポロリ!』(毎週日曜 後1:59〜2:54※関西ローカル)の10周年3時間生スペシャルの放送に向けて会見を行った。

 同番組は、芸能界や社会で起こったさまざまな面白い出来事・ちょっといい話を芸人たちが体当たりで取材して紹介する“お笑いワイドショー”。2006年4月の放送開始からまもなく丸10年になる。

 番組開始当初から司会を務めてきた東野は「こんなに続くとは思わなかった」と感慨深げ。番組の趣旨について「東京から見ていると大阪のワイドショーって、めちゃくちゃ悪口言ってるイメージがあって(笑)。芸人が芸能人に楽しく取材して、そこでポロリと漏らしてもらったことがニュースになればいいなと思って始めました」と明かした。

 東野いわく「若い青年のようなみずみずしい気持ち」でスタートしたが、「10年が経った今、出演者の中で僕が一番悪口言ってるっていう…」と苦笑い。「ここまで汚い人間になってしまいました。これから20年、30年もするとどんなに汚れてしまうのか?と心配ですが、これからも長く番組を続けていきたい」と意欲。

 芸能スキャンダルに触れることも多いが、「凄腕の芸人リポーターが芸人らしいフォローをしながら、笑いの中で本音を言ってもらう。今、世間を騒がせている芸能人の方にも明るいエールを贈れる番組なので、ぜひ、いろんな方にゲストに来てほしい」と呼びかけていた。

 11年目に突入する4月10日の『10周年3時間生SP』(正午〜後2:54)は、この10年間に出演したゲストの中から、番組に特にゆかりの深い人々をスタジオに迎え、クレームや鬱憤(うっぷん)、悩みなどをぶつけ合う生トークバトルを決行する。

 アシスタントは高橋真理恵アナウンサーから入社2年目となる竹崎由佳アナウンサーへとバトンタッチ。芸人リポーターとして、ほんこん月亭方正メッセンジャーあいはら、シャンプーハット月亭八光ダイアンケンドーコバヤシ、スタジオゲストとして篠原信一、金村義明、武井壮福田彩乃トレンディエンジェル鈴木拓ドランクドラゴン)、りゅうちぇる、IKKO熊切あさ美 井上公造が出演。そのほか、大食い界の“魔女”こと菅原初代率いる“大食い軍団”が3時間ひたすら食べまくる「大食いポロリ駅伝」など、生放送ならではの企画で10年間の集大成ともいえる笑いを届ける。



オリコントピックス