• ホーム
  • 芸能
  • 『ライオン・キング』のDNAを受け継ぐ新作アニメ 4月に日本初放送

『ライオン・キング』のDNAを受け継ぐ新作アニメ 4月に日本初放送

 ディズニーの名作映画『ライオン・キング』のDNAを受け継ぐ最新テレビアニメーションシリーズの序章となる長編『ライオン・ガードゆうしゃのでんせつ』が、「ディズニー・チャンネル」で4月16日(後2:30〜3:30)に日本初放送される。

 プライドランドの王シンバ(CV:宮本充)の第二子である、主人公カイオンが、伝説のガーディアン“ライオン・ガード”の新たなリーダーとなり、個性豊かな仲間たちとともに、時にぶつかり、時に協力し合いながら、王国に起きるさまざまな事件を乗り越えてプライドランドを守る、感動と成長のストーリー。

 シンバのほかにも、お調子者のミーアキャットのティモン(CV:三ツ矢雄二)、食いしん坊のいのししプンバァ(CV:畠中洋)など、おなじみのキャラクターが登場する。

 『ライオン・キング』に続いてシンバの声を担当する声優の宮本は「初めてシンバの声を演じてからもう20年以上経ち、僕もその間に結婚して2児の父となりました。シンバとともに成長しているような気がします。こうしてひとつの役をいつまでも演じられるのは、本当にうれしいことです」とコメントを寄せ、見どころを「ライオン・ガードとなったカイオンたちがいろいろなことを学んで成長していく過程。さりげない台詞の中に多くの教訓が含まれているような気がします。そして、やはり歌。僕も歌います。お楽しみに!」と語っている。

 ディズニー・チャンネルは全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで視聴できる。



関連写真

  • アフリカの大地を舞台に壮大なストーリーが描かれる最新テレビアニメーションシリーズ『ライオン・ガード』。その序章となる長編『ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ』ディズニー・チャンネルで4月16日に日本初放送(C)Disney
  • シンバ、ティモン、プンバァなど、おなじみのキャラクターも登場(C)Disney
  • 長編『ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ』より(C)Disney

オリコントピックス