• ホーム
  • 映画
  • 「メカつく」グランプリ作品『RS計画』フジテレビで6月放送

「メカつく」グランプリ作品『RS計画』フジテレビで6月放送

 フジテレビ、DeNA、エブリスタの3社によるオリジナルテレビアニメ製作プロジェクト「僕たちの見たいメカアニメをつくろう製作委員会(以下、メカつく)」で一般公募・投票によりグランプリに選出された『RS計画 -Rebirth Storage-』が、6月にフジテレビで特番として放送されることが明らかになった。

 2014年3月18日に「メカつく」プロジェクトが発表されてからちょうど2年。「E★エブリスタ」上でオリジナルアニメの企画を公募した一次選考には、500通を超える応募が寄せられた。そこから選出された5作品について、14年6月にキャラクターデザイン、メカニックデザイン、シナリオをそれぞれ募集。最終選考に残った5作品は短編のパイロットフィルムが制作され、15年2月にフジテレビで特番『僕たちはメカアニメジェネレーション 〜鬼才誕生直前SP〜』として放送。15年3月、WEB上での投票によって再生数1位となった『RS計画 -Rebirth Storage-』がグランプリを獲得した。

 一般参加型のアニメ製作プロジェクトとして、小説投稿サイト発の作品が、書籍化などを経ずにテレビアニメとして放送される稀有な事例となる。

 松尾拓プロデューサー(フジテレビ)は、「一般の方々から企画を募集し、それをTVアニメ化するという新しい取り組みを信じて、さまざまな企画を応募してくださった皆さま、そしてその様子を見守って下さった皆さまと一緒に作り上げていきたいという思いの中、非常に珍しい試みではありますが、特番放送前に絵コンテや脚本、設定資料、美術ボードなど、さまざまな資料を公式サイトで順次公開していきたいと考えております。このメッセージを今まさに読んでいただいているあなたも、作り手の一員となった気持ちで、ぜひプロジェクトを楽しんでいただければと思います」と呼びかけている。

 『RS計画』は、西暦2025年の日本を舞台にした作品。突如出現した未知の脅威「機巧」は人類への攻撃を展開し、多くの都市がなすすべもなく破壊された。窮地に立たされた人類だったが、日本で機巧の残骸が発見されたことをきっかけに設立された「東京機巧研究所」(東機研)を拠点に、機巧の兵器利用の研究が進められていく。毒をもって毒を制すべく、機巧をもって機巧に対抗せんとするその方策は、人類に残された唯一の希望だった。

 そして9年後。発見された残骸を手がかりに開発された主力機巧「むっつ」の実戦投入が近づいていた。「むっつ」搭乗パイロットの候補生として選ばれた少年・佐神凛(さがみ・りん)と少女・御堂結絃(みどう・ゆづる)は、人類の未来という大きすぎる希望を背負いながら、課せられた任務に果敢に立ち向かっていく。だが、ふたりを待ち受けていたのは、あまりにも過酷な運命だった――。

■スタッフ
原案…ロール
メカニックデザイン…佐藤周一郎
キャラクターデザイン…政尾翼(DeNA)
プロデューサー…松尾拓(フジテレビ)、野上雄一郎(DeNA)

■公式サイト
http://rsproject.jp



タグ

オリコントピックス