• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木亜美、声優初挑戦で苦戦「すごく難しい」

鈴木亜美、声優初挑戦で苦戦「すごく難しい」

 歌手の鈴木亜美が17日、都内で行われたアニメ『パンパカパンツ W おNEW!』マスコミ向け公開アフレコに出席した。今回、声優初挑戦となった鈴木だが「セリフはそんなに多くないですが、テンションも普通のお芝居や、吹き替えとも違うのですごく難しかった」と感想を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 LINEスタンプや映画マナームービーとして登場した同アニメのテレビ第二弾シリーズで、鈴木は11話に登場する“女豹”をイメージしたキャラクター・DJアミーゴを担当。キャラについて「顔は似ているって思います。でも性格的にはそんなに(自分は)肉食ではないかな」と苦笑した。

 今後も声優業については「声が低いことがコンプレックスだったけど、逆にそれを生かせる男の子の役をやってみたい」と意欲。主題歌「パンパカパンツ WHAT YA WHAT YAロック」も担当するが、「歌の中でこんなに『パンツ』と言ったのは初めて。パンツ大好きって気持ちで歌わせてもらいました」と胸を張った。4月2日より静岡放送、6月にCSキッズステーションで放送される。



関連写真

  • 声優初挑戦に「難しかった」と感想を明かした鈴木亜美 (C)ORICON NewS inc.
  • “女豹”をイメージしたキャラクター・DJアミーゴを担当する鈴木亜美 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ『パンパカパンツ W おNEW!』マスコミ向け公開アフレコに出席した鈴木亜美 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ『パンパカパンツ W おNEW!』マスコミ向け公開アフレコに出席した鈴木亜美 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス