• ホーム
  • 芸能
  • マギー審司、東北支援継続を訴える「風化が一番怖い」

マギー審司、東北支援継続を訴える「風化が一番怖い」

 タレントのマギー審司が11日、都内で行われた『第1回 3.11WALK出発式』に登場。2011年の同日に発生した東日本大震災から、きょうで丸5年を迎えたが「この前(出身地の)気仙沼に行ってきたら、かさ上げ工事がまだ半分くらいだった。復興には5年・10年かかるので、節目ではなく折り返し地点にしか過ぎない」と気持ちを引き締めた。

【写真】その他の写真を見る


 震災以降この時期を迎えると、関連の仕事が多くとなるというマギーだが「この時期が来て思うのは、3月11日が来るとその日はいっぱい報道をやるんですけど、翌日から日常に戻ってしまう」といい「報道していただけるのはありがたいんですけど、切り替えというのがあってほしくない。翌日からも意識してくれたら」と呼びかけた。

 マギーは続けて「風化が一番怖い。5年という月日で安定した訳ではないので、目をそらさないでほしい」と被災地の声を代弁。「観光でもいいので、東北に遊びに行ってほしい。東北の人はすごくあたたかいので、過剰なくらいのおもてなしをしてくれると思います」と支援の継続を訴えていた。

 同イベントは、通勤・通学先から歩いて帰ることを通じて、震災の記憶を風化させず、防災・備蓄、広域避難場所の認識や徒歩帰宅意識の向上が目的。出発式にはそのほか、女優の小芝風花、切り絵作家の蒼山日菜氏、ミス・ユニバース日本代表の中沢沙里さんも登場した。



関連写真

  • 東北支援の継続を訴えたマギー審司 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第1回 3.11WALK出発式』に登場した(左から)中沢沙里、マギー審司、小芝風花、蒼山日菜氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第1回 3.11WALK出発式』に登場した中沢沙里 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第1回 3.11WALK出発式』に登場した小芝風花 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス