• ホーム
  • 芸能
  • 三森すずこ、「るーみっくわーるどに鳥肌立った」 『境界のRINNE』参戦

三森すずこ、「るーみっくわーるどに鳥肌立った」 『境界のRINNE』参戦

 4月9日からNHK・Eテレで第2シリーズの放送が始まるアニメ『境界のRINNE』(毎週土曜 後5:30)。『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』などの作品で知られる高橋留美子氏の同名漫画が原作。第2シリーズから登場する新キャラクター・朧(おぼろ)役の松岡禎丞や鈴(すず)役の三森すずこは「るーみっくわーるどを感じて鳥肌が立った」と、作品への参加を喜んでいた。

 『境界のRINNE』は、死神みたいな高校生・六道りんねと冷静沈着なヒロイン・真宮桜を中心に繰り広げられる学園&霊界ラブコメディー。“高橋留美子らしさ”がギュッと濃縮されていて、往年のファンも高橋作品は初めてという人も、世代を越えて楽しめると、現在も『週刊少年サンデー』(小学館)で連載中。昨年4月から半年間、第1シリーズが放送された。

 このほどキャスト陣の取材会が行われ、主人公・六道りんね役の石川界人、真宮桜役の井上麻里奈、松岡、三森、オープニングテーマを担当するPileが出席した。

 石川は「第1シリーズの中で、りんねがどんどん好きになっていき、この世界にまた戻ってきたいと思っていました。今回第2シリーズでまたりんねを演じられることが本当にうれしいです」。井上も「第1シリーズで1度エンディングを迎えた時はすごく寂しい気持ちで、早くこのアフレコ現場に戻ってきたいという思いでいっぱいでした。第2シリーズが始まり、『RINNE』の世界のみんなと出会うことができて、すごくうれしいです」と歓迎ムード。

 井上は「高橋留美子先生の作品は、永遠に続いたらいいなという、何とも言えない日常感がすばらしい」。石川は「りんねと桜の関係性は第2シリーズになっても変わらないと思います。付かず離れずの絶妙な距離感を保っている感じが高橋留美子先生らしい」と、作品の魅力を語っていた。

 新加入の松岡が担当する朧は、鳳(あげは)の契約黒猫。ある出来事によって1年間、岩の下に閉じ込められていた。子どもの頃、『らんま1/2』をよく観ていたという松岡は「高橋留美子先生の作品に出られることが、まさか生きているうちにくるとは思いませんでした。高橋さんの作品に出演できるうれしさを乗っけて、皆さまにちゃんとお伝えできればいいなと思います」とニコニコ。

 三森が担当する鈴は架印(かいん)の契約黒猫。「高橋留美子先生の作品に自分が出られるなんて、なんて夢のようなんだろうと思い、本当にうれしくて舞い上がっています。鈴という役は天真らんまんで、あんまり空気を読まない女の子で、ちょっと抜けているところも結構あり、自由に、楽しみながら演じています。この役を存分に自分の中で楽しんで、そして観ている方にも楽しんでいただけるといいなと思います」と意気込んでいた。

 Pileが歌うオープニング曲「Melody」は歌詞とアニメの世界観が投影されているといい、「高橋留美子先生のアニメ作品のオープニングを、まさか自分が歌うとは思っていなかったので、本当にうれしいです。キャストの皆さんと同じように、アニメの1つのかけらとしてオープニングを務めさせていただきます」と話していた。

 柏木敦子チーフ・プロデューサーは「第2シリーズも大変にぎやかに、なおかつ猫祭りになっています。朧、鈴、黒洲(くろず)や、おばあちゃん猫、おじいちゃん猫、美女猫がたくさん出てきて、第1シリーズにも増してにぎやかなお話になります」とアピールしている。



タグ

オリコントピックス