• ホーム
  • 芸能
  • 漫画『僕だけがいない街』完結 6月から外伝が連載スタート

漫画『僕だけがいない街』完結 6月から外伝が連載スタート

 三部けい氏の漫画『僕だけがいない街』が、きょう4日発売の『ヤングエース』(KADOKAWA)4月号で最終回を迎えた。6月4日発売の同誌7月号からは、本編では語られなかったエピソードを描く『僕だけがいない街 外伝(仮)』の連載が開始する。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、2012年より同誌で連載開始。主人公の藤沼悟が、自分だけが時間を巻き戻る“再上映(リバイバル)”で過去に戻り、小学校時代に発生した誘拐殺人事件の犯人を暴こうと奮闘する物語。今年1月よりフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」でテレビアニメが放送されており、今月19日には藤原竜也有村架純らが出演する実写映画が公開される。

 きょう発売の同誌では完結を記念して、アニメ監督の伊藤智彦氏と原作者・三部氏の対談記事が掲載。コミックス最終の8巻は5月2日に刊行される。



関連写真

  • 三部けい氏『僕だけがいない街』が完結 6月から外伝連載
  • 4月4日発売の5月号はアニメ放送直前の『文豪ストレイドッグ』を大特集
  • 本編では語られなかったエピソードを描く『僕だけがいない街 外伝(仮)』の連載が開始
タグ

オリコントピックス