• ホーム
  • 芸能
  • GILLE、3月末で音楽活動休止へ 声帯ポリープ治療に専念

GILLE、3月末で音楽活動休止へ 声帯ポリープ治療に専念

 歌手のGILLEが、声帯ポリープによるのどの不調のため、3月31日の活動をもってすべての音楽活動を休止することを公式サイトで発表した。4月以降に予定されていた定期ライブや全国ツアーのスケジュールをすべて中止した。

 同サイトによると、数ヶ月前からのどに違和感があり、病院で声帯ポリープがあると診断されていたというが、医師と相談したうえで活動を継続。しかし最近では思わしくない状況が続き、「今後の悪化の可能性を懸念し、現時点でのツアーの中止を発表させていただく運びとなりました」と説明している。

 GILLEは「この度は、このような形でツアーの中止を発表することになり、本当に申し訳ありません」とお詫び。あす2日にはニューアルバム『REAL』を発売することから「新曲達を1曲1曲、聴いてくれるみんなの顔を見ながら全力で歌を届けること、全国各県でのライブを通してみんなに会えることが楽しみで仕方なかった分、悔しいし申し訳ない想いでいっぱいです」と胸中を綴った。

 中止となる公演は、6月23日から始まる予定だった全国ツアー『GILLE CONCERT TOUR 2016〜REAL〜』全9公演、定期ライブ『GILLEroom LIVE 〜てげ歌いたいんです!汁“ライブ〜』3公演、女性限定の『REAL』リリース直前イベント1公演の全13公演。定期ライブの3月14日公演および同31日に東京・サントリーホールで行われる『シンフォニックソウル』の2公演は予定どおり出演する。

 GILLEは「今後、治療に専念し、また必ずステージに戻ってこられるようにしっかり治したいと思っています。いつも応援してくれてありがとう」とファンに呼びかけている。



オリコントピックス