• ホーム
  • 映画
  • 『ガールズ&パンツァー 劇場版』興収12億円突破 4DX上映もスタート

『ガールズ&パンツァー 劇場版』興収12億円突破 4DX上映もスタート

 昨年11月21日より公開中のアニメ映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』が、14週を越えた今月22日までに、累計観客動員数80万人、累計興行収入12億円を突破致した。

 詳細は、累計動員数81万8230人、累計興収12億952万4044円(2016年2月22日時点)。公開スタート時は77館での上映だったがのべ166館(現在上映を終了している映画館も含む)まで拡大。今月20日から「4DX」上映もスタートした。

 茨城県の大洗町を舞台に、戦車を使った武道をたしなむ女子高生たちを描く。アニメファンだけでなく、ミリタリーファンも取り込み、人気が増幅。昨年11月に実施された『ガールズ&パンツァー』初のオーケストラ・コンサート『ガールズ&パンツァー オーケストラ・コンサート 〜Herbst Musikfest 2015〜』のBlu-ray(発売中)のほか、5月27日に同作のBlu-ray2アイテム、DVDも発売される。



オリコントピックス