• ホーム
  • 芸能
  • Dream5玉川桃奈、4月末で芸能界引退へ「新たな自分の道を」

Dream5玉川桃奈、4月末で芸能界引退へ「新たな自分の道を」

 「ようかい体操第一」などのヒットで知られる5人組ダンス&ボーカルユニット・Dream5の副リーダー、玉川桃奈(18)が、4月30日をもってユニットを卒業するとともに、芸能界を引退することが22日、わかった。公式サイトで発表された。同ユニットは4月23日に5人体制最後の単独ライブを行い、玉川卒業後は4人で活動を継続する。

【写真】その他の写真を見る


 玉川は公式サイトで「私、玉川桃奈は4月末日でDream5を卒業し、芸能界を引退いたします」と報告。その理由について、「以前からDream5としての夢とは別に、自分自身の中に抱いていた夢がありました。その夢に対する気持ちが年を重ねるたび大きくなり、新しい一歩を踏み出したいという気持ちが強くなってきたからです。この決断はもちろん急な事では無く、自分の中で考え、悩み、スタッフさんに何度も相談して出した決断です」と説明した。

 スタッフも「2009年のDream5結成時から、沢山の時間を一緒に過ごし活動してきたメンバーが卒業してしまうのはとても悲しい事ではありますが、スタッフ、メンバーと話し合いを重ね、彼女の新たなる夢を応援する結論に至った」と経緯を明かしている。

 芸能界引退後の進路については記されていないが「1度目の人生の大きな決断はDream5として活動をすること。そして、これが人生で2度目の大きな決断です。私は、Dream5を卒業して、新たな自分の道を歩んでいきます」と決意表明。「これから先、辛いことや苦しいこと、たくさんあると思いますが、その時は、メンバーと過ごした時間を糧に、そしてこれまでファンの皆さんが私にかけてくれた言葉を思い出して、夢に向かって、自分らしく、自信を持って歩んで行きたいと思います」と綴り、最後はファンへの感謝で締めくくった。

 玉川は中学1年当時、NHK Eテレの『天才てれびくんMAX』で募集したオーデションで2009年に誕生したDream5の結成メンバー。同年11月にCDデビューし、2014年に人気アニメ『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマ「ようかい体操第一」がヒット。同アニメのキャラクター、ブリー隊長とコラボレーションした「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」ではオリコン週間ランキング1位を獲得し、累積売上10万枚を突破するヒットを記録し、同年大みそかの『第65回NHK紅白歌合戦』の企画コーナーで初出場した。



関連写真

  • Dream5の玉川桃奈(前列左)がユニット卒業、芸能界引退へ
  • 芸能界引退を表明したDream5の玉川桃奈
  • Dream5ミニアルバム『COLORS』(2月24日発売)

オリコントピックス