• ホーム
  • 音楽
  • 聖飢魔II、再び魔界へ帰還 17年ぶり小教典発布を発表

聖飢魔II、再び魔界へ帰還 17年ぶり小教典発布を発表

 地球デビュー30周年を記念し、期間限定で再集結した悪魔の集団・聖飢魔IIが19日・20日の2日間、東京・日本武道館でツアーファイナル公演を行った。終演後、再び魔界に帰還した聖飢魔IIは、置き土産として4月スタートのテレビアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』の主題歌「荒涼たる新世界 / PLANET / THE HELL」を残していった。同曲は、1999年に発布された前作から何と17年ふりとなる小教典(シングルのようなもの)として4月13日に発布(発売)される。

【写真】その他の写真を見る


 D.C.17(2015)年8月15日にRISING SUN ROCK FESTIVALのステージで期間限定再集結を遂げた聖飢魔II。その後、「全席死刑TOUR」「続・全席死刑TOUR」にて全国各地を恐怖のどん底に陥れ、日本武道館2DAYS公演で期間限定再集結を終えた。計8万人を動員した30周年公演の参拝券(チケット)は全会場即時ソールドアウトの人気ぶり。参拝券が入手できない信者(ファン)が続出したため、20日の最終公演はWOWOWでの生中継に加え、全国25館の映画館にてライブビューイングが実施された。

 20日の大黒ミサFINALは「創世記」からスタート。棺桶からデーモン閣下が登場し悲鳴と歓声が鳴り響く。ミサ前半戦のクライマックスは、悪魔が地球の天地をひっくり返し人間達を恐怖のどん底に突き落とし歌唱するという、伝説の「天地逆転唄法(てんちぎゃくてんしょうほう)」。6年前のアメリカ・ダラス公演で披露されて以来封印されていたが、この武道館最終公演で久々に披露された。この天地逆転唱法は、ももいろクローバーZの夏菜子が継承に名乗りを上げていることでも知られ、この日、デーモン閣下によって披露された本家・天地逆転唱法で会場の熱気は最高潮に達した。

 ミサ後半、突如、デーモン閣下から「ミサは本日千秋楽をむかえ我々は何分か後には地球から去っていくが、諸君達に新曲を残して行く!」と、『テラフォーマーズ』の主題歌となる新曲について発表があり、「4月に出る! 普通は新曲出して、プロモーションして、ツアー周ると思うのだが、我々は違う! 楽しみにしておけ!!」との言葉に、悪魔(聖飢魔II)ロスの不安におびえていた信者たちは狂喜乱舞。

 ミサは名曲「EL,DOLADO」が演奏された後に、魔界への門が開き、構成員(聖飢魔IIメンバー)が次々と扉の先の光の中に姿を消して行った。魔暦元(1999)年12月31日に本活動を終え解散したミサを想起させる光景に、信者たちの拍手と歓声がしばらく鳴りやまなかった。

 新曲とタイアップするアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』は『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載中の漫画が原作。実写映画の公開も控える注目作品だ。原作者の貴家悠氏は聖飢魔IIの熱狂的信者で、彼の熱いオファーによって新曲の制作が決定した。貴家氏は既に完成した楽曲を聴いて「悪魔は去った。だがその教えは常に我々と共にある。先輩信者諸兄の子や孫が寝る前に毎晩聴かせて頂きたい名曲であります(ちゃんと歯を磨いてからですよ)」と、コメントを寄せている。『テラフォーマーズ リベンジ』は4月よりTOKYO MX、ABC朝日放送、テレビ愛知、BS11ほかで放送開始予定。

■テレビアニメ公式ホームページ
http://terraformars.tv/

■聖飢魔IIオフィシャルHP
http://www.seikima-ii.com/
http://www.sonymusic.co.jp/artist/SeikimaII/info/(SONY MUSIC)



関連写真

  • 期間限定で再集結した聖飢魔IIの全国ツアーが終了。再び魔界に帰還(撮影:今元秀明)
  • 重厚なセットにプロジェクションマッピング、乱れ飛ぶレーザー光線…圧巻のステージを披露(撮影:今元秀明)
  • 17年ぶりの小教典(シングル)「荒涼たる新世界 / PLANET / THE HELL」の発布(発売)を発表(撮影:今元秀明)
  • 期間限定で再集結した聖飢魔II。重厚なセットにプロジェクションマッピング、乱れ飛ぶレーザー光線…圧巻のステージを披露した(撮影:今元秀明)
  • 期間限定で再集結した聖飢魔II。重厚なセットにプロジェクションマッピング、乱れ飛ぶレーザー光線…圧巻のステージを披露した(撮影:今元秀明)

オリコントピックス