EW&Fのモーリス・ホワイトさん死去 74歳

 「セプテンバー」などの世界的ヒットで知られる米バンド、アース・ウインド&ファイアーのリーダーでボーカルのモーリス・ホワイトさんが3日、ロサンゼルスの自宅で死去した。74歳だった。

 バンドのベーシストで弟のバーダイン・ホワイト(64)が4日、EW&FのFacebookで「私の兄であり、ヒーローであり、親友のモーリス・ホワイトが昨夜、睡眠中に安らかに亡くなりました」と公表。死因は明かされていないが、モーリスさんは20年以上にわたってパーキンソン病を患っており、コンサートには出演していなかった。

 モーリスさんは1969年に前身となるバンドを結成し、70年にアース・ウインド&ファイアーに改名してレコードデビュー。モーリスさんと美しいファルセットのフィリップ・ベイリーのツインボーカル、ホーンセクションが奏でる華やかで重厚なサウンドで一世を風靡。「セプテンバー」「ブギ・ワンダーランド」「シャイニング・スター」などのヒット曲を世に送り出した。

 アルバム総売上枚数は9000万枚以上にのぼり、2000年にロックの殿堂入り。米音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞を6回受賞し、今月15日(日本時間16日)にロサンゼルスで行われる『第58回グラミー賞授賞式』で特別功労賞生涯業績賞を受賞することが決まっていた。



オリコントピックス