• ホーム
  • 芸能
  • ベッキー、休業を正式発表 所属事務所「責任の重大さを鑑みて決定」

ベッキー、休業を正式発表 所属事務所「責任の重大さを鑑みて決定」

 ロックバンド・ゲスの極み乙女。川谷絵音(27)との不倫疑惑騒動に揺れるタレント・ベッキー(31)の所属事務所は5日、ベッキーが1月30日をもって当面の間休業することを正式に発表。書面を通じて事務所は「軽率な行動、責任の重大さを鑑みて決定いたしました」と騒動を謝罪した。

■以下、所属事務所コメント全文

 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 このたび、弊社所属タレント、ベッキーに関しまして関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

 今般、すべての番組関係の皆様との協議を終え、ベッキーは1月30日をもって当面の間出演を見合わせていただくことになりました。

 なにより本人のとった軽率な行動、責任の重大さを鑑みて決定いたしました。

 皆様のご理解を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 また、弊社としましては、タレントへの指導が十分でなかったこと、以後このようなことが二度と起こらぬよう、指導及び管理の見直しを徹底いたします。

 末尾ではございますが重ねまして、ご迷惑をおかけいたしております皆様に心よりお詫び申し上げます。

 株式会社サンミュージックプロダクション

 二人は先月7日発売の『週刊文春』で不倫交際が報じられ、同月6日夜にベッキーは所属事務所で緊急会見を開き川谷の実家を訪れたことを認めたうえで熱愛関係は否定。川谷もベッキーの会見後に所属事務所を通じて書面でコメントを発表し、既婚であることを公表したが、ベッキーとは「友人」であると熱愛関係を否定した。

 その後、今月2日発売の『週刊文春』で「センテンススプリング」「ありがとう文春!」など新たなLINEのやり取りが発覚したことで騒動が泥沼化。レギュラーを務めるテレビ全10番組、ラジオ1番組を休演し、契約中のCMも全て降板、もしくは打ち切りとなった。



オリコントピックス