• ホーム
  • 芸能
  • 鈴木亮平、主演舞台で再び肉体改造 ポイントは「バランス」

鈴木亮平、主演舞台で再び肉体改造 ポイントは「バランス」

 俳優の鈴木亮平が28日、都内で行われた舞台『ライ王のテラス』製作発表会に出席。30キロ増量など“ストイックな役作りが話題の鈴木だが、今回も“美しい肉体”の持ち主という設定で、再び肉体改造に励んでいる。鈴木は「舞台なので、ずっと全身が見られる」といい、今回の肉体改造のポイントは「バランス」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 カンボジア最強の王として現代にも語り継がれる、ジャヤ・ヴァルマン七世(鈴木)を主人公とした壮大な物語。三島由紀夫の書いた現代劇の中では、最後の戯曲と言われている作品で、史実にフィクションを加えたストーリーが展開される。

 舞台に挑むにあたり「クリアしないといけない問題が多すぎて」と鈴木。「三島さん美しい世界を表現したい。日本の王様も演じたことがない自分が、カンボジアの王様をできるのか。病の進行を演じないといけない」と課題を挙げ「今回は本気です。いままでの作品も本気でやってきたつもりですが、1番本気です」と作品にかける並々ならぬ思いをぶちまけた。

 鈴木は、これまで王様役を数多く演じてきた俳優・吉田鋼太郎に役作りの助言を求めると、吉田からは「大きい声だよ!」と言われたという。しかし、演出を担当する宮本亜門は「忘れてください。ちょっと今回は」とすかさず却下し、会場を笑わせた。

 そのほか、倉科カナ中村中吉沢亮大野いと神保悟志鳳蘭も登壇した。舞台は東京・赤坂ACTシアターで3月4日から17日まで上演される。



関連写真

  • 再び肉体改造に励んでいる鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.
  • 出演者一同(左から)宮本亜門、神保悟志、鈴木亮平、倉科カナ、中村中、吉沢亮、大野いと (C)ORICON NewS inc.
  • 大野いと (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ライ王のテラス』製作発表会に出席した(左から)宮本亜門、鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ライ王のテラス』製作発表会に出席した宮本亜門 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ライ王のテラス』製作発表会に出席した(左から)倉科カナ、中村中 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ライ王のテラス』製作発表会に出席した吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ライ王のテラス』製作発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ライ王のテラス』製作発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ライ王のテラス』製作発表会に出席した(左から)宮本亜門、鈴木亮平 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス