• ホーム
  • 芸能
  • 中村七之助、深津絵里の“ほめ殺し”にタジタジ「公開処刑やめて」

中村七之助、深津絵里の“ほめ殺し”にタジタジ「公開処刑やめて」

 歌舞伎俳優の中村七之助が27日、都内で行われた舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』制作発表会見に出席。同作で、江戸時代の遊女・小春を演じる七之助は「長年、女形をやっているので、男(の役)が来たらどうしようかと思ってました」とオファーを受けた当時の心境を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 七之助の印象について、共演者の深津絵里は「とても軽やかで美しい。(美しさでは)負けているので、そこはあがかずに自分の中にも(七之助の)美しさを取り入れたい」と絶賛。伊藤歩も「本当に降参です。美しさは、絶対かなわない」と同意すると、七之助は「さっきから、公開処刑みたいなのやめてください…」とすっかりタジタジになった。

 また、父・中村勘三郎さんと生前に親交があった演出家のデヴィッド・ルヴォー氏が同作を手がけることについては「うちの父親が描いたものをはるかに超えて、もっともっとスケールの大きいものになっている」といい、「父がよく言ってた『型があって破るから、型破り。型がなかったら、型なしだよ』という言葉を肝に銘じて、このけいこで突き破るようにしたい」と意気込んでいた。

 同作は、遊女小春、治兵衛、その妻・おさんとの三角関係を描いた近松門左衛門の代表作「心中天網島」がベース。現代と江戸を交差させながら“究極の愛”を描く。会見にはそのほか、中嶋しゅう音尾琢真、演出のデヴィッド・ルヴォー氏も出席した。



関連写真

  • 深津絵里(左)の“ほめ殺し”にタジタジだった中村七之助(右) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)デヴィッド・ルヴォー氏、中嶋しゅう、深津絵里、中村七之助、伊藤歩、音尾琢真 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』制作発表会見に出席した中村七之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』制作発表会見に出席した伊藤歩 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』制作発表会見に出席した深津絵里 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』制作発表会見に出席した中嶋しゅう (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』制作発表会見に出席した音尾琢真 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス