• ホーム
  • 芸能
  • 高橋みなみ、本格的なソロ活動で特番MC タイロケで大号泣した理由は?

高橋みなみ、本格的なソロ活動で特番MC タイロケで大号泣した理由は?

 4月にAKB48から卒業する高橋みなみが、本格的にソロ活動を始動。テレビ番組の取材で年明け早々、タイへ飛び、人身売買された女性にインタビューするというヘビーなロケに挑戦していたことがわかった。高橋は「タイのイメージは私の中では観光地。人身売買とは遠いイメージでした。知らない現実と向き合った時思わず涙があふれました」と、現場で大号泣してしまったことを明かす。

【写真】その他の写真を見る


 番組は、『今知っておきたい世界のキケン地帯に住む人々』と題し、テレビ東京系で2月3日(後9:00〜10:48)に放送。「貧困」「飢え」「差別」「犯罪」「異常気象」「災害」がもたらす世界――普段は、決して足を踏み入れることがない“向こう側”に潜入し、日本人が知らない、想像を超えた世界に迫るドキュメントバラエティー。アジアとアフリカのキケン地帯を訪れ、見て、聞いて、体験したことを“旅人”自らがテレビの前の視聴者に伝えていく。

 高橋は“旅人”としてタイを訪れ、人身売買の被害者の女性たちに会って「なぜ売られたのか?」「その時の状況や心情」などの話を直接聞くことに。現在、世界で人身売買の被害者は1200万人もいるといわれている。その中でも、タイは、貧しい人たちが被害者になるケースが多い国。タイのほか、近隣のラオスやミャンマーなどからも売られてくるのだ。また、人身売買を捜査するタイ警察の専門部署の取り締まりにも同行。日本人が想像できない、その悲惨な実態を目の当たりにした。

 無事、取材を終えて帰国し、「豊かさや発展の裏側で貧富の差ができ、『生きていくためにはお金が必要だ』と仕事を求めた先が犯罪に巻き込まれて行く。知らない現実と向き合った時思わず涙があふれました。ただ調べれば調べるほど知ることの苦しさより、あまりに無知だった自分がすごく悔しくてたまらなかったです。ぜひこの番組を通し皆さんに世界のキケンを一緒に学び感じていただければと思います」とコメントを寄せている。

 また、高橋はフットボールアワーの後藤輝基とともに番組MCも担当。ほかに、旅人として庄司智春がインドネシア・ジャワ島にあるカワ・イジェン火山の硫黄採掘現場で働く人々を、バービーが“黒魔術”として恐れられている西アフリカ・トーゴのブードゥー教の儀式を、篠山輝信がタイの首都バンコクの近くの町で蔓延する覚せい剤に似た“ヤーバー”という薬物の実態を、それぞれ潜入取材し、VTRとともに報告する。



関連写真

  • 2月3日放送、テレビ東京系『今 知っておきたい 世界のキケン地帯に住む人々』タイで人身売買の被害者女性の話に号泣する高橋みなみ(C)テレビ東京
  • 人身売買の被害者の女性に話を聞く高橋(C)テレビ東京
  • ジャワ島にあるカワ・イジェン火山で硫黄を採掘する人々を取材した庄司智春
  • 2月3日放送、テレビ東京系『今 知っておきたい 世界のキケン地帯に住む人々』西アフリカのトーゴでキケンな儀式に潜入したバービー

オリコントピックス