• ホーム
  • 芸能
  • 元『ナイトスクープ』探偵・長原成樹、初のオリジナル小説上梓 又吉も絶賛

元『ナイトスクープ』探偵・長原成樹、初のオリジナル小説上梓 又吉も絶賛

 漫才コンビ・ヤンキースとして活動し、人気番組『探偵ナイトスクープ』で探偵を務めていたタレントの長原成樹が、小説『大阪ストレイドッグス 伝説のペット探偵・男鹿の冒険』を上梓することがわかった。2冊の自伝的小説で培った文章力を武器に、満を持してのオリジナル作品初挑戦となる。

 大阪の天満、能勢が舞台となる同作の主人公は、どんな動物であろうと必ず捕獲する伝説のペット探偵、美しき「毒」を持つ風俗嬢、関西一ツイてない男の3人。彼らが高級熱帯魚「アロワナ」を奪うため、経済ヤクザに戦いを挑む様子が疾走感あふれる文体で描かれる。

 昨年、自身初の中編作品『火花』で第153回芥川賞を受賞したピース又吉直樹は「面白くて、夢中で読みました!」と絶賛。「シビアな現実を捉える視点、独特の発想と展開、そして、男気。これは成樹さんにしか書けない小説です」と先輩の“筆力”に舌を巻いていた。

 同書は、ヨシモトブックスから30日に発売される。



関連写真

  • 初のオリジナル小説を上梓する長原成樹
  • 『大阪ストレイドッグス 伝説のペット探偵・男鹿の冒険』の表紙

オリコントピックス