• ホーム
  • 芸能
  • AKB2期生・小林香菜、卒業発表「10年の節目」 劇場公演出演歴代1位

AKB2期生・小林香菜、卒業発表「10年の節目」 劇場公演出演歴代1位

 AKB48小林香菜(24)が17日、東京ドームシティホールで行われている『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』2日目夜公演で、グループからの卒業を発表した。時期は未定。

 楽曲版総選挙で小林の代表曲「くるくるぱー」が26位にランクインし、同曲を歌唱後、「26位ありがとうございます。リクアワが始まった当初は圏外だったりしたんですが、本当にありがたいです」と感謝した小林は「きょうはここで私から発表があります」と同曲のトレードマークのネギを持ったまま切り出した。

【写真】その他の写真を見る


 「AKB48に入って、4月1日で10年が経ちます。節目ということで…本当にファンの皆さんやメンバー、秋元先生をはじめとするスタッフさんには、こんな不器用な私をきょうまでAKB48でいさせてくれて、本当に感謝してもしきれません」とあいさつ。「年末から体調を崩していたのですが、体調とは関係なく、今回、自分自身と向き合って決めたことです。一歩外に出て、私にできることをやっていこうかなと思うので卒業を決めました」と報告した。

 小林は昨年12月29日未明に更新した自身のツイッターで、「壊死性リンパ節炎」と診断されたことを発表。「10日くらいずっと39.4とか高熱が続いてて今日大きい病院行ったら壊死性リンパ節炎と判断されました」と報告し、「首の横にしこりがあったからとても不安だったけどちゃんと検査してもらえてよかった。人にはうつらないみたいです」と安心した一方で、「ただ辛い」と心境を明かしていた。

 劇場公演出場回数は歴代1位の889回。客席から「1000回出るって言ったじゃん」との声が飛ぶと、「劇場公演に1000回出るというのが目標だったのですが、そうすると多分、30歳くらいまでAKB48にいなきゃいけないかもしれない」と笑顔を見せ、「いつ卒業するんだってすごく言われていたんですけど、こんなに大きなステージで卒業発表できてうれしいです」と感謝しきりだった。

 2006年2月に『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格し、4月に2期生として大島優子秋元才加らとともに加入。現役の2期生は3人いるが、宮澤佐江はSNH48兼SKE48、梅田彩佳はNMB48に移籍したため、AKB最後の2期生だった。



関連写真

  • AKB48からの卒業を発表した小林香菜。自身の代表曲のトレードマーク・ネギを持ったまま切り出した(C)AKS
  • 小林香菜(左)の卒業を聞いて同期・秋元才加は私服で駆けつけた (C)AKS
  • 小林香菜(左)の卒業を聞いて同期・秋元才加は私服で駆けつけた (C)AKS
  • AKB48からの卒業を発表した小林香菜。自身の代表曲のトレードマーク・ネギを持ったまま切り出した(C)AKS
  • 『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』2日目夜公演 (C)AKS
  • 『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』2日目夜公演 (C)AKS
  • 『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』2日目夜公演 (C)AKS
  • 『AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016』2日目夜公演 (C)AKS

オリコントピックス