• ホーム
  • 芸能
  • ゲス川谷、謝罪言葉なく厳しい声も お辞儀のみにネット上で賛否

ゲス川谷、謝罪言葉なく厳しい声も お辞儀のみにネット上で賛否

 きのう15日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)に、タレント・ベッキー(31)との不倫疑惑騒動に揺れる、ロックバンド・ゲスの極み乙女。川谷絵音(27)が生出演。騒動後初めての生放送登場とあって発言に注目されたが、番組オープニングで約3秒、歌唱後には画面が切り替わる約7秒の計10秒、深々と一礼するも、最後まで騒動については触れなかった。

 この日は、冒頭に司会で同局・弘中綾香アナウンサー(24)の紹介で登場したゲスの極み乙女。メンバーが階段を降りていく中、神妙な面持ちの川谷は階段上に残り3秒、深々一礼。その後、タモリとのトークでも、時折、笑顔を見せるも、その表情は硬く、歌唱後には、画面が切り替わるまでの約7秒間、頭を下げ続け、エンディングでも笑顔は見せず番組を終えた。

 放送後には、ツイッターを中心に「お辞儀をした所で謝罪のつもり? 普通は自粛でしょ」「頭下げただけで終わり?」「謝るなら言葉にしようよ」といった厳しい意見も。一方で「早く帰ってきて」「笑顔を見せて」などの擁護の声も少なからず見られた。そのほかにも「カメラ目線にならない」「表情が硬い」「お辞儀長すぎ」と川谷の表情や様子に注目した声も上がった。

 二人は今月7日発売の『週刊文春』で不倫交際が報じられ、6日夜にベッキーは所属事務所で緊急会見を開き川谷の実家を訪れたことを認めたうえで熱愛関係は否定。川谷もベッキーの会見後に所属事務所を通じて書面でコメントを発表し、既婚であることを初公表。騒動を謝罪したが、ベッキーとは「友人」であると熱愛関係を否定した。

 その後、9日にベッキーは、レギュラー司会を務める関西テレビ・フジテレビ系『にじいろジーン』(毎週土曜 前8:30)に生出演。騒動後初めての生放送とあって発言が注目されたが、一切触れることなく冒頭のワイプ出演から番組進行中と終始笑顔をみせていた。



オリコントピックス