• ホーム
  • 芸能
  • ディズニー・チャンネルにKANSAI弁のプリンセス“スタバちゃん”登場

ディズニー・チャンネルにKANSAI弁のプリンセス“スタバちゃん”登場

 全国のケーブルテレビおよびBS・CSの「ディズニー・チャンネル」オリジナル・アニメーション最新作『悪魔バスター★スター・バタフライ』が、15日(毎週金曜 後6:30〜7:00)より日本初放送される。

 全米で2015年3月に初放送され、シーズン2 の制作も決定している本作。日本では、上陸前から目ざといファンの間で、主人公の女の子、スター・バタフライに「スタバちゃん」という愛称がつき、SNS上でファンアート(ファンが番組に登場するキャラクターなどをもとに描いた作品)が話題になっていた。

 広大な宇宙空間のさまざまな次元を舞台に、異次元の魔法の国ミューニのプリンセスでおてんばな女の子スター・バタフライが、“訓練”のためにやってきた地球で大冒険を繰り広げる様子をコメディタッチに描く。

 異次元の人たちと地球人の“違い”をより楽しくわかりやすく表現するために、日本版独自の演出として、主人公スターをはじめ魔法の国ミューニの人々は“KANSAI弁”を話す設定とした。スター役には大阪育ちの声優・植田佳奈を起用。スターの地球での親友マルコ・ディアス役を興津和幸、悪の軍団を引き連れて、スターの魔法のステッキを狙うルード役を龍田直樹が務める。



関連写真

  • 異次元の世界のプリンセス“スタバちゃん”が日本上陸。ディズニー・チャンネルのオリジナルアニメーション『悪魔バスター★スター・バタフライ』1月15日、放送開始(C)Disney
  • 地球で出会った新しい友だちとの学校生活、さらには異次元から来たモンスターとの戦いなどを描く(C)Disney

オリコントピックス