• ホーム
  • 芸能
  • ナオト・インティライミ、ミュージカル初主演に「武者震いがとまらない」

ナオト・インティライミ、ミュージカル初主演に「武者震いがとまらない」

 10日に開幕するSF歴史スペクタクルミュージカル『DNA-SHARAKU』(東京・新国立劇場 中劇場)の公開ゲネプロが9日、行われた。小関裕太とのW主演で、ミュージカルに初挑戦する歌手のナオト・インティライミは上演を前日に控え「武者震いがとまらない。試合前日のような気持ちです」と興奮ぎみに語った。

 けいこ中、共演者全員からアドバイスを受けたというナオトは「すごく頼もしいキャストの皆さんとお芝居ができて、心強いです」と笑顔。そんなナオトを“ナオちゃん”と呼ぶ小関から「ギターを教えてもらいたい」とねだられると、すかさず「3時間で170円ね」とおどけた。

 同じくミュージカル初挑戦のイッセー尾形は「音楽の人たちは本当に純粋でパワーがある。毎日けいこに行くのが楽しくて、ようやく本番で皆さんとも楽しめる」と喜び。しかし、長年“ひとり芝居”での活動を続けてきたため「ついつい舞台の中央に気がついたら、立っちゃう。そういう“ひとりグセ”も楽しんでます」と余裕を見せていた。

 同作は、人工知能が支配するであろう2116年の未来と、その分岐点となる2045年、さらに2016年の現在と、謎の絵師・東洲斎写楽が登場する1793年という4つの時代を舞台に繰り広げられ、“創造する心”をめぐって物語が展開していく。共演は新妻聖子ミッツ・マングローブ朝海ひかる中川晃教。あすから24日まで同所で上演。



関連写真

  • ナオト・インティライミ (C)ORICON NewS inc.
  • 小関裕太 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)朝海ひかる、ナオト・インティライミ、小関裕太、新妻聖子(後列左から)中川晃教、イッセー尾形、ミッツ・マングローブ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス