• ホーム
  • 芸能
  • 「2015年 年間高世帯視聴率番組30」発表 朝ドラが健闘

「2015年 年間高世帯視聴率番組30」発表 朝ドラが健闘

 テレビ番組の視聴率調査を行っているビデオリサーチは4日、2015年の年間高世帯視聴率番組トップ30(関東地区)を発表した。1989年以降、歴代最低記録を更新したとはいえ、1位は不動の『第66回NHK紅白歌合戦』の後半(NHK総合/12月31日 後9:00〜11:45)で39.2%。2位は同前半(後7:15〜8:55)の34.8%。そのほか、スポーツ中継が11番組、ニュース番組が6番組、“朝ドラ”ことNHK連続テレビ小説から3番組、スポーツ・ニュースを除く民放キー局制作の番組では視聴率3冠(ゴールデン帯、プライム帯、全日帯)に輝いた日本テレビの番組が6番組も入っており、好調ぶりがうかがえた。

 スポーツ中継では、青山学院大学が初優勝した『第91回東京箱根間往復大学駅伝競争復路』(日本テレビ/1月3日 前7:50〜後2:28)の28.3%が3位、同往路(1月2日 前7:50〜後2:25)の28.2%が4位。五輪とサッカーワールドカップ(W杯)がなかった昨年は、まさかの逆転負けを喫した『世界野球プレミア12・日本×韓国(準決勝)』(TBS/11月19日 後7:01〜11:56)が25.2%で8位にランクインしたほか、復帰した浅田真央選手や羽生結弦選手が活躍したフィギュアスケートの中継番組が軒並み高視聴率を稼いだ。

 ニュース番組では、5月30日に関東地方で最大震度5強を観測する地震が発生した直後の『ニュース・気象情報』(NHK総合/後8:28〜9:30)が26.3%(7位)。9月12日早朝に東京都調布市で最大震度5弱を観測する地震が発生した時の『NHKニュースおはよう日本』(NHK総合/前6:00〜6:30)が22.9%(15位)。

 大阪府高槻市で中学1年生の女子の遺体が見つかった事件をメインで扱った『報道ステーション』(テレビ朝日/8月21日 後9:54〜11:15)が22.5%(18位)、同じく『ニュースウオッチ9』(NHK総合/8月21日 後9:00〜10:00)が21.6%(23位)。

 台風18号の通過にともなう記録的な大雨で鬼怒川が決壊するなど、関東各地で被害が起きた9月10日の『NHKニュース7』(NHK総合/後7:00〜7:30)21.6%(23位)、同日朝の『NHKニュースおはよう日本・首都圏』(NHK総合/前7:45〜8:00)が21.0%(26位)を記録した。

 日本テレビの番組は、『24時間テレビ38 愛は地球を救うPART10』(8月23日 後7:00〜8:54)が26.7%(6位)、同PART9(8月23日 後5:23〜7:00)が24.5%(10位)、『笑点』(3月1日 後5:30〜6:00)が24.2%(11位)、『ザ!鉄腕DASH!』(11月8日 後7:00〜7:58)が23.3%(13位)、『世界の果てまでイッテQ!』(2月1日 後7:58〜8:54)が22.4%(19位)、『行列ができる法律相談所』(3月1日 後9:00〜9:54)が20.8%(27位)、箱根駅伝を加えると8番組がランクイン。同局の日曜夜の圧倒的な強さが如実に現れた。

 TBSは『世界野球』のほかに連続ドラマ『下町ロケット』の最終回(12月20日 後9:00〜10:19)が22.3%(20位)で爪あとを残し、テレビ朝日はサッカーとフィギュアスケートの中継番組と『報道ステーション』で6番組、フジテレビは12月27日の『全日本フィギュアスケート選手権2015女子フリー』(後7:37〜9:24)の20.6%が29位タイで1番組だけランクインした。

■2015年 年間高世帯視聴率番組30
1:第66回NHK紅白歌合戦・後半(NHK総合/12月31日)=39.2%
2:同・前半(同/12月31日)=34.8%
3:第91回東京箱根間往復大学駅伝競走復路(日本テレビ/1月3日)28.3%
4:同往路(同/1月2日)28.2%
5:連続テレビ小説・あさが来た(NHK総合/12月4日)=27.2%
6:24時間テレビ38愛は地球を救うPART10(日本テレビ/8月23日)=26.7%
7:ニュース・気象情報(NHK総合/5月30日)=26.3%
8:世界野球プレミア12・日本×韓国(TBS/11月19日)=25.2%
9:連続テレビ小説・マッサン(NHK総合/3月20日)=25.0%
10:24時間テレビPART9(日本テレビ/8月23日)=24.5%
11:笑点(日本テレビ/3月1日)=24.2%
12:2015NHK杯フィギュア(NHK総合/11月28日)23.5%
13:ザ!鉄腕!DASH!(日本テレビ/11月8日)=23.3%
14:フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2015第3戦中国大会(テレビ朝日/11月7日)=23.2%
15:NHKニュースおはよう日本(NHK総合/9月12日)=22.9%
16:連続テレビ小説・まれ(NHK総合/4月7日)=22.7%
17:ゆく年くる年(NHK総合/12月31日)=22.6%
18:報道ステーション(テレビ朝日/8月21日)=22.5%
19:世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ/2月1日)=22.4%
20:下町ロケット・最終回(TBS/12月20日)=22.3%
21:大相撲初場所・14日目ほか(NHK総合/1月24日)=22.1%
22:2018FIFAワールドカップロシアアジア2次予選・日本×シンガポール(テレビ朝日/6月16日)=22.0%
23:NHKニュース7(NHK総合/12月31日)=21.6%
23:ニュースウオッチ9(NHK総合/8月21日)=21.6%
25:フィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦2015(テレビ朝日/12月11日)=21.5%
26:NHKニュースおはよう日本・首都圏(NHK総合/9月10日)=21.0%
27:行列のできる法律相談所(日本テレビ/3月1日)=20.8%
28:フィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦2015(テレビ朝日/12月13日)=20.7%
29:サッカー・AFCアジアカップ2015準々決勝・日本×UAE(テレビ朝日/1月23日)=20.6%
29:全日本フィギュアスケート選手権2015女子フリー(フジテレビ/12月27日)=20.6%

※視聴率はすべて関東地区のもの。天気予報・ガイドなどを除いた15分以上の全番組を対象。レギュラー番組で同一局の同一番組名のものが2番組以上ある場合には、最も高い番組平均世帯視聴率の1番組を抽出。視聴率調査は標本調査と言われるもので、標本調査から得られる結果は標本誤差(統計上の誤差)を伴う。



オリコントピックス