• ホーム
  • 芸能
  • うすた京介、画業20年記念企画を続々実施 新作コミックも発売

うすた京介、画業20年記念企画を続々実施 新作コミックも発売

 ギャグ漫画『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』、『ピューと吹く!ジャガー』などで知られる漫画家・うすた京介氏の5年ぶりとなる連載作品『フードファイタータベル』(アプリ「少年ジャンプ+」に掲載)のコミックス1巻が、きょう4日に発売される。この発売と、うすた氏の初連載作品『マサルさん』スタートから20年突破したことを記念し、3つの特別企画が実施される。

 1つ目の企画は、『マサルさん』や『ジャガー』の秘蔵ネームを20話分セレクトし、20名へプレゼント。対象は、東京・中野の「pixiv Zingaro」できょうから19日まで開催中の「うすた京介画業20周年記念原画展『うすた展』」の来場者。10話分は10日午後3時から実施予定のうすた氏のサイン会参加者から抽選で10名に、もう10話分は同展で対象書籍を1冊購入するたびに引ける「うすたおみくじ」の賞品に含まれる。

 2つ目の企画は、今日発売の『週刊少年ジャンプ』2016年5・6合併号に歴代うすたキャラが大集合する特別ミニ漫画の掲載。同誌に18年ぶりに「マサルさん」が登場する。

 そして3つ目の企画は、18日発日の『週刊少年ジャンプ』7号にて、センタカラー24ページの『フードファイタータベル』特別読み切り編の掲載。アプリ「少年ジャンプ+」で連載中の同作が、初めて『少年ジャンプ』誌面に掲載される。



オリコントピックス