• ホーム
  • 芸能
  • たかみな、スピード増刷決定に喜び「すてきなプレゼント」

たかみな、スピード増刷決定に喜び「すてきなプレゼント」

 AKB48高橋みなみの著書『リーダー論』(講談社)が、初版6万部できのう24日に発売されたが、きょう25日に異例のスピードで増刷が決定した。発売前からテレビのビジネス番組やビジネス雑誌などにも大きく取り上げられるなど、幅広い世代から話題となっているが、思わぬ“クリスマスプレゼント”を受け取ったたかみなから、喜びのコメントと写真が届いた。

【写真】その他の写真を見る


 増刷決定に「クリスマスに増刷というすてきなプレゼントをいただくことができました! 24歳の私が『リーダー論』なんて本を出して、おこがましいという気持ちもありますが、たくさんの皆さんに読んでいただけて、とってもうれしいです」と大喜び。「10年間の女子グループでの活動で身につけたコミュニケーションの取り方や、スピーチの仕方なども書いています。リーダー的役職の方だけでなく、集団生活を送るみなさんの日々のエッセンスになったらうれしいです!」と改めてアピールした。

 書籍担当者は、NHK『経済フロントライン』や『日経ビジネスオンライン』などビジネスマン向けのメディアに同書が取り上げられるなど、高橋の“リーダーシップ”への注目度の高さに驚きつつ、「読者層もこれまでのAKB48関連本よりも広がりを見せているので、ロングセラーになると思います!」と自信を見せている。

 同著は、高橋が幅広い世代に向け『へこたれずに生きるヒント』を発する自己啓発書。10年前に14歳でAKB48に加入し、300人を超すメンバーたちを率いるグループ総監督になった豊富な実体験を元に語られた超実践的なリーダー論を記した一冊。また、リーダーとしての“まとめる力”だけでなく、集団生活を送るすべての人に役立つような、コミュニケーション術やスピーチ術もまとめている。



関連写真

  • 著書『リーダー論』のスピード増刷を喜ぶ高橋みなみ
  • 著書『リーダー論』のスピード増刷を喜ぶ高橋みなみ
  • 高橋みなみ『リーダー論』(講談社)

オリコントピックス