• ホーム
  • 映画
  • 映画『僕だけがいない街』 注目子役・鈴木梨央&中川翼の劇中画像解禁

映画『僕だけがいない街』 注目子役・鈴木梨央&中川翼の劇中画像解禁

 三部けい氏原作の人気漫画を実写映画化した『僕だけがいない街』(来年3月19日公開)。最新コミックス7巻の発売日に合わせて、物語のカギを握る役どころを演じる子役・鈴木梨央と悟役の中川翼の劇中画像が24日、解禁された。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、自分の身に降りかかる“事件”を食い止めなければ、何度も同じ時間を繰り返してしまう【リバイバル】という現象に巻き込まれた男が、18年前に起きた小学生連続誘拐殺人事件の真犯人を突き止めるミステリー。11歳の少年に還る29歳の青年・藤沼悟を藤原竜也、過去の事件から心を閉ざした悟に希望をもたらすヒロイン片桐愛梨を有村架純が演じる。

 NHK連続テレビ小説『あさが来た』で主人公・あさの幼少期などで注目を集める鈴木が演じるのは、小学生時代の悟のクラスメイト・雛月加代。母子家庭で、母親から虐待を受けており、1988年連続誘拐殺人事件の被害者になってしまう。

 オーディションで300人の中から抜てきされた中川が演じるのは、悟の1988年時の姿。頭脳は29歳のままで、再び小学生時代を生きるという難役に挑んでいる。

 解禁された劇中画像は、子ども時代の加代と悟の2ショット画像など計3枚。悟が加代を見つめ、加代がはかなげに夜空を見つめる2ショット画像は、頬にアザのある加代の姿がただならぬ家庭環境を伺わせている。



関連写真

  • 映画『僕だけがいない街』に出演する(左から)鈴木梨央、中川翼
  • 雛月加代を演じる鈴木梨央
  • 映画『僕だけがいない街』に出演する中川翼

オリコントピックス