• ホーム
  • 芸能
  • 稲垣吾郎、逆お姫様抱っこCM出演 「普通は逆だけど僕らしい」

稲垣吾郎、逆お姫様抱っこCM出演 「普通は逆だけど僕らしい」

 SMAP稲垣吾郎がイメージキャラクターを務めるカブドットコム証券の新テレビCM「街角」篇(30秒)「街角出会い」篇(15秒)「街角親切」篇(15秒)が来年1月1日からオンエアされることが24日、わかった。撮影でワイヤーアクションや逆お姫様抱っこに臨んだ稲垣は「大人チャーミングな夢のあるCMです」とコメントしている。

 昨年に引き続きイメージキャラクターを務める稲垣が出演した新CMは、かわいらしい街角が舞台。「カブドットコムの唄」を歌いながら歩いている稲垣が、道端で偶然ぶつかった女性と一瞬で恋に落ちたり、階段の前で重い荷物を抱えて困っていたおばあさんを手伝おうとして思わぬ出来事に遭遇したりする、明るくコミカルなミュージカル仕立てのストーリーになっている。

 CMでは、おばあさんからお姫様抱っこをされるシーンもある稲垣。ワイヤーで釣られての演技になるが「普段はなかなか体験できないこと」と笑顔で臨んでいた。撮影後には、同シーンを今回のCMのなかの一番の見どころとし、「普通は逆ですよね。まさか、持ち上げられちゃうとは思わなかったんですけど、ちょっとおもしろいですし、なんとなく僕らしいのかなという気がしました」とコメントしている。

 また、そのワイヤーアクションについては「すごく派手な、ハリウッド映画並みのワイヤーアクションをするのかなと思ったんですけど、ちょっと上がっただけでしたね(笑)。あまりカロリーも消費せず、汗もかかず、僕のチャームポイントである髪型も崩れずに終われた感じです」。現場では、キャラクターの細かい動作のほか、メガネなど小道具のチョイスにも自ら積極的にアイディアを出して監督と話し合いをしていた稲垣。

 すべての撮影終了後には「ミュージカルの舞台みたいな雰囲気でお芝居ができて、楽しかったです。自分で言うのも変ですけど、僕のかわいいところをすごく分かってくださる監督なので、大人チャーミングな感じで、見ている方に笑顔になってもらえるような、かわいらしくて、夢のあるCMになっているんじゃないかなと思います」と笑顔をみせた。



オリコントピックス