• ホーム
  • 芸能
  • 『ベルセルク』、新アニメ化プロジェクトが2016年始動

『ベルセルク』、新アニメ化プロジェクトが2016年始動

 『ヤングアニマル』(白泉社)で不定期連載中の三浦建太郎氏による人気漫画『ベルセルク』の新アニメ化プロジェクトが、2016年に始動することが25日、発表された。現時点ではテレビアニメ化、劇場アニメ化なのかは明らかになっていないが、きょう発売の同誌2016年1号ではティザービジュアルが公開された。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、戦乱で荒廃した架空の中世のファンタジー世界を舞台に、剣士・ガッツが巨大な剣で壮絶な運命を切り開いていくダーク・ファンタジー巨編。1989年に『月刊アニマルハウス』(当時)で連載がスタートし、2002年に『第6回手塚治虫文化賞』の「マンガ優秀賞」を受賞した。

 ドイツ、フランスなど海外からの支持も厚く、37巻まで刊行されている単行本は世界で累計発行部数4000万部を超える人気タイトル。97年には『剣風伝奇ベルセルク』のタイトルでテレビアニメ化(全25話)され、12年から13年にかけては初となる劇場アニメが制作、「黄金時代編」を3部作で描いた。

 29日から31日まで東京ビッグサイトで開催される『コミックマーケット89』の「NBCユニバーサル」ブースにて、新アニメのPVが初公開されることも決定。新アニメに関する続報は『ヤングアニマル』や公式サイトで発表していく。

■新アニメ公式サイト
http://berserk-anime.com/



関連写真

  • 『ベルセルク』新アニメ化プロジェクト始動! 公開されたティザービジュアル (C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/「ベルセルク製作委員会」
  • 25日発売の『ヤングアニマル』で新アニメ化プロジェクトが明らかに!=白泉社提供
  • 『ヤングアニマル』1号の表紙=白泉社提供
タグ

オリコントピックス