• ホーム
  • 芸能
  • 『ブラタモリ』×『鶴瓶に乾杯』がコラボ「水と油」 堺雅人と上田市巡る

『ブラタモリ』×『鶴瓶に乾杯』がコラボ「水と油」 堺雅人と上田市巡る

 タレントのタモリ笑福亭鶴瓶堺雅人の3人が13日、都内で行われたNHK『ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 真田丸スペシャル』取材会に出席した。今回、タモリの同局レギュラー番組『ブラタモリ』と笑福亭鶴瓶の『鶴瓶の家族に乾杯』がコラボし、来年の大河ドラマ『真田丸』主演の俳優・堺雅人とともに真田信繁(幸村)の本拠地・長野県上田市を旅する。

【写真】その他の写真を見る


 出発地・上田駅と上田城を3人で巡ったあとは、歴史や地質にこだわる『ブラタモリ』班とその土地柄・人柄に焦点を当てる『家族に乾杯』班に別れ、堺が順番に旅に参加するという内容となっている。鶴瓶は「タモリさんの『ブラタモリ』が好調なのでそこにひっついてやろうと思ったけど水と油。僕はどんな歴史とか全く興味がない」と率直に明かして笑いを誘った。

 3人でのロケでは、その場所の歴史に興奮する堺とタモリを置いて先に歩いていたという鶴瓶が「僕はどっかにおばちゃんおらへんかなと。歴史よりいま生きている人が大事」と言い放つとタモリは「われわれは死者の声を聞く。両極端です」と主張。堺は「水と油とおっしゃっていてもそれはそれで仲が良さそうで後ろから微笑ましく見ていました」と振り返った。

 趣向の違いを実感しつつも、互いの番組を観ることが多いというタモリと鶴瓶。鶴瓶は「すごいいいですよ。テレビとして観てたら入り込んでる」と褒め、タモリも「師匠がニセの人間性を引っさげて、あつかましくいろんなところに入っていく。両極端でお互いにできないと思っている」と毒づきながらも讃えた。

 今回の旅を終え、もう一度参加したい番組を聞かれた堺は「個人的な好みは『ブラタモリ』寄り。でも勉強になったのはいま、目の前にいる生の人との触れ合いなさいと鶴瓶さんに教えてもらった。両方ご覧になって下さい」とアピールしていた。来年1月2日、総合テレビで午後7時30分から放送。



関連写真

  • 取材会に出席した(左から)笑福亭鶴瓶、タモリ、堺雅人 (C)ORICON NewS inc.
  • 取材会に出席した堺雅人 (C)ORICON NewS inc.
  • 取材会に出席したタモリ (C)ORICON NewS inc.
  • 取材会に出席した堺雅人 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス