• ホーム
  • 芸能
  • 『ゼロの使い魔』二次創作解禁へ 小説投稿サイト「カクヨム」で誰でも自由に

『ゼロの使い魔』二次創作解禁へ 小説投稿サイト「カクヨム」で誰でも自由に

 KADOKAWAは11日、はてなと共同で開発した新しい小説投稿サイト「カクヨム」内で、2013年4月に亡くなった、ヤマグチノボル氏の人気ライトノベル『ゼロの使い魔』の二次創作を解禁することを発表した。

 「カクヨム」は、誰でも自由なスタイルで物語を書ける、読める、お気に入りの物語をほかの人に伝えられる、新たな「場所」の創出を目指して開発された小説投稿サイト。特徴は、自身のオリジナル小説を字数無制限で投稿でき、誰でも投稿された作品を読むことが可能。ユーザー同士で評価しあい、その結果をさまざまなカテゴリーのランキング形式で閲覧でき、投稿者、閲覧者とも無料で利用できる。

 そして、中でも許諾を受けた人気小説の二次創作小説が投稿可能という点が最大のポイントで、現在の許諾タイトルは計11作品。今回、新たにシリーズの続巻、最新第21巻が来年2月25日に刊行されることが発表されたばかりの『ゼロの使い魔』が追加された。同作の最新刊、そしてさまざまな書き手の才能が集まる「カクヨム」で、今後どのような、新しい物語が展開されるのか楽しみだ。

 『ゼロの使い魔』は、ヤマグチノボル氏により、2004年に第1巻が上梓された、ライトノベルブームを支えた金字塔的作品。13年にヤマグチノボル氏が亡くなった後は絶筆状態となっていたが、闘病中「プロットを託すので誰かに完結させてほしい」と依頼していたことを受け、今年6月、MF文庫J編集部が続刊刊行を発表。11月に最新刊21巻が来年全世界同時発売される事が報じられた。

▽「カクヨム」二次創作小説投稿可能タイトル一覧 
オーバーロード/ココロコネクト/冴えない彼女の育てかた/涼宮ハルヒの憂鬱/精霊使いの剣舞/バカとテストと召喚獣/フルメタル・パニック!/問題児たちが異世界から来るそうですよ?/闇の皇太子/幼女戦記/ログ・ホライズン/ゼロの使い魔



タグ

オリコントピックス