• ホーム
  • 芸能
  • 城田優、ミュージカル初演出に意気込み「精一杯取り組みたい」

城田優、ミュージカル初演出に意気込み「精一杯取り組みたい」

 俳優の城田優が初演出を務めるミュージカル『アップル・ツリー』が、来年5月28日から6月7日まで東京・赤坂RED/THEATERで上演される。これから始まるけいこを前に、城田は「念願だったミュージカルの演出が実現して、とてもワクワクしています。すてきな作品と思っていただけるよう、精一杯取り組みたい」と意気込みを見せた。

 同作は、“真実の愛”をテーマとして、マーク・トゥエインの『アダムとイブの物語』など、原作の異なる3つのストーリーを、『屋根の上のヴァイオリン弾き』のシェルドン・ハーニック(歌詞)とジェリー・ボック(作曲)の名コンビが作ったミュージカルコメディー。城田は初演出に同作を選んだ理由を「シンプルだが、メッセージ性が強く、人それぞれの感受性の違いをコミカルに描く中にも、違いがある人々も最終的には分かり合い、愛し合うことができるというメッセージが、とても素晴らしいと思った」と説明した。

 このほど終了したキャストのオーディションにも立ち会ったといい「本当に皆さん魅力的な方たちばかりで、審査は非常に難航しました。選べなかった皆さんに対して、今でも後ろ髪引かれる思いはありますが、才能あふれる参加者から、厳選して今回のキャストを選ばせていただきました」とコメント。「国や宗教、人種など、違いはたくさんあれど、人類は最終的には愛でつながっているということを、世界の縮図のようなこの作品を通して、観客の方々にお伝えできたらと思っています」と力を込めていた。

 また、ミュージカルの楽しさを知るきっかけとなってほしいとの思いから、ミュージカルを初めて観劇する“ミュージカルスターター”向けの特別料金席「ミュージカル始めまシート」も当日引換券・枚数限定で販売することも発表された。



関連写真

  • ミュージカル初演出の意気込みを語った城田優
  • ミュージカル『アップル・ツリー』キービジュアル
タグ

オリコントピックス