• ホーム
  • 芸能
  • GACKT、『格付け』で“目隠し食事”にハマる「味を深く感じる」

GACKT、『格付け』で“目隠し食事”にハマる「味を深く感じる」

 歌手のGACKTが9日、東京・緑泉寺で行われた暗闇食イベント『SPECIAL.T In the Dark』開催発表会見に出席。視覚を閉ざされた状態で食事を楽しむという同イベントの趣旨に「味を深く感じることができる」と賛同した。

【写真】その他の写真を見る


 同イベントは、参加者の視界を閉ざして、味そのものと「お茶×食」のマリアージュを堪能し、新たな驚きと楽しみを提供するもの。一流芸能人であれば知っていて当然の常識が試される特番『芸能人格付けチェック』では連勝記録を更新しているGACKTだが、この日は番組同様に目隠しをされた状態での試食に取り組んだ。

 同寺の青江覚峰住職からお茶の位置の指示を受けながら、香りを楽しんで口に運ぶと「玉露ですね」と見事に正答。珍しいイベントへの参加に「『格付け』ぐらいでしかこういうことやらないですよね」と苦笑しつつも「番組がきっかけで、数年前くらいから海外の『Dining in the Dark』に行くようになり、暗闇で食事をするのを楽しむようになった。日本でもやっているのは、うれしいですよね」と明かしていた。

 イベントは同所にて、19日から21日までの3日間限定で開催される。



関連写真

  • “暗闇”での食の醍醐味を語ったGACKT (C)ORICON NewS inc.
  • 目隠しをされた状態で試食に取り組んだGACKT (C)ORICON NewS inc.
  • 暗闇食イベント『SPECIAL.T In the Dark』開催発表会見に出席したGACKT (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス