• ホーム
  • 芸能
  • 『M-1グランプリ2015』王者トレエン、優勝に歓喜「勝因は悔しさ」

『M-1グランプリ2015』王者トレエン、優勝に歓喜「勝因は悔しさ」

 お笑いコンビ・トレンディエンジェルが、5年ぶりに復活した漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2015』(ABC・テレビ朝日系)で優勝し6日、東京・テレビ朝日で喜びの会見を行った。薄毛を自虐した漫才を貫き、自身の頭皮を使って笑いをとったボケの斎藤司(36)は「正直、きょうは調子が悪かったけれど、本番でアドレナリンがぐっと出た」と本番を振り返り、「男は見た目じゃない」と笑顔を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 トレンディエンジェルは、神奈川出身の斎藤と東京出身のたかし(29)が2005年に結成し、同期にはんにゃフルーツポンチがいる。2005年から『M-1グランプリ』に出場し、2010年に準々決勝進出、『THE MANZAI2014』では準優勝をしている。

 同大会の準決勝でも爆笑をとっていたが、敗退して決勝進出はならず。たかしが「斎藤さんが『もうM-1出ない』って言っていた」というほど落ち込んでいたというが、斎藤は「怒りをバネにしてとってやるっていう気持ちもあった」と敗者復活戦に臨み、見事に勝ち抜き一気に頂点へ。その根底には「悔しさも勝因にある」と語った。

 ネタは2本とも時事ネタを混ぜつつ、頭皮をいじったもので会場を爆笑させた。薄毛をコンプレックスと考えている人も多いなか、斎藤は「思っているほど嫌じゃない。男は見た目じゃない」とさわやかな笑顔を浮かべていた。



関連写真

  • 5年ぶりの『M-1グランプリ』王者に輝く、喜びを語ったトレンディエンジェル (C)ORICON NewS inc.
  • 5年ぶりの『M-1グランプリ』王者に輝く、喜びを語ったトレンディエンジェル (C)ORICON NewS inc.
  • 司会を務めた(左から)上戸彩、今田耕司 (C)ABC
  • 5年ぶりの『M-1グランプリ』王者に輝く、喜びを語ったトレンディエンジェル (C)ORICON NewS inc.
  • 『M-1グランプリ』トレンディエンジェル優勝の瞬間 (C)ABC
  • 『M-1グランプリ』(左から)今田耕司、トレンディエンジェル、上戸彩(C)ABC

オリコントピックス