• ホーム
  • 芸能
  • 『鬼太郎』声優・野沢雅子、水木さんを追悼「きっと旅に出られたんだろうな」

『鬼太郎』声優・野沢雅子、水木さんを追悼「きっと旅に出られたんだろうな」

 『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家の水木しげるさんが30日、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。93歳だった。訃報を受け、水木さんの代表作『ゲゲゲの鬼太郎』のアニメで主人公・鬼太郎を担当した声優の野沢雅子が、所属事務所を通じて感謝と追悼のコメントを寄せた。

突然の訃報を聞いて驚いております。

私が初めてテレビアニメーションのシリーズとして主役を務めさせていただいたのが「ゲゲゲの鬼太郎」でした。
今では当たり前のように行われている声優のイベントですが、当時最初にイベントに出演させていただいたのが鬼太郎だったと記憶しています。
先生にお会いした機会は数回でしたが、気取らず生まれっぱなしのような純粋な方でした。私も同じように生まれっぱなしの人間なのでとても親近感がありました。
今の声優野沢雅子としてここまでやってこられたのも鬼太郎との出会いがあったからこそと大変感謝しております。

先生が亡くなるとは思ってもいませんでした。
いろんなところにいらっしゃるのがお好きでしたから、今もきっと旅に出られたんだろうなと思っています。
そちらでも旅をしながら作品を描いてくださいね。

野沢雅子

合掌

 野沢は1968年にスタートしたアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(第1期)で主人公・鬼太郎の声を担当。野沢にとって初めての主役であり、71年スタートの第2期でも継続して担当していた。

 水木さんは1922年、鳥取県境港市生まれ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征、爆撃を受け左腕を失うも復員後紙芝居画家となり、その後、貸本漫画家に転向。代表作に『河童の三平』『悪魔くん』など。1991年に紫綬褒章、2003年に旭日小綬章などを受章。2010年には文化功労者にも選ばれている。



オリコントピックス